ホントにお得?ANAのふるさと納税を活用するメリットとは

ANAのふるさと納税応援ポータルサイトは、2016年4月からはじまったANAのサービス。ANAのふるさと納税応援ポータルサイトは、従来あるふるさと納税にANA独自のメリットがプラスされたもの。しかしそのメリットがどのようなものなのか、まだ多くの人には知られていないのではないでしょうか。そこで今回は、ANAのふるさと納税を活用するメリットについて紹介します。

-AD-

ANAのふるさと納税応援ポータルサイトとは何か

ANAのふるさと納税応援ポータルサイトとは、大手航空会社であるANAが運営するふるさと納税のポータルサイトです。基本的なサービス内容は、他のふるさと納税ポータルサイトと変わりませんが、ANA独自のサービスが導入されています。それは、「ANA SKYコイン」です。詳細は後述しますが、ANAのふるさと納税応援ポータルサイトは、ANAにしか提供できない独自性を加えて、ふるさと納税ポータルサイトを運営しているのです。

ANAのふるさと納税応援ポータルサイトの決済方法はクレジットカードのみ!

一般的なポータルサイトは基本的な支払い方法は、銀行振込がメインであり、クレジットカード対応ができる自治体は少数です。しかしながらANAのふるさと納税応援ポータルサイトは、決済方法をクレジットカードのみに統一しています。これはクレジットカードでポイントを貯めている人にとっては嬉しいお知らせですよね。しかし普段クレジットカードを使わない人にとっては使いづらく感じるかもしれません。

ANA SKYコインとは何か?

ANA SKYコインとは、ANAのサイトで、航空券や旅行商品の支払いに使えるポイントです。このANA SKYコインがANAのふるさと納税応援ポータルサイトの最大の特徴ですが、これはANAのふるさと納税応援ポータルサイトを活用して寄付する度に受け取れるポイントのようなものです。一件や二件の寄付では大きなポイントにはなりませんが、数十件、もしくは数百件単位の寄付になるとポイントは貯まりやすいといえるでしょう。

ANA SKYコインは国内航空券に搭乗する際に利用できる!

ANA SKYコインが蓄積されたら、それは国内航空券を購入する際に活用できます。ポイントを支払いに充てることで、そのまま割引になるのです。これは普段から頻繁に飛行機を活用する場合は嬉しいサービスですよね。したがって普段から仕事などで飛行機に乗る機会が多い場合は、他のふるさと納税サイトを使うよりもメリットがある可能性は高いといえるでしょう。

ANAふるさと納税なら、一見寄付すれば、100コインがゲットできる

ではANA SKYコインはどのようにポイントが付与されていくのでしょうか。基本的には、一寄付に対して、100コインです。1コインにつき、1円の換算なので、ANAふるさと納税応援ポータルサイトを活用すれば一つの自治体に寄付する度に、100円分、ポイントが入るということになります。そうなると、寄付だけで莫大なポイント数になることはあまりないかもしれません。しかし、100,000円や200,000円単位で寄付をして、それを複数の自治体に分散させている場合、年間で1000ポイント以上貯まる可能性は充分にあります。

クレジットカードの決済でもポイントは蓄積される

ANAふるさと納税応援ポータルサイトを活用するメリットは、ANA SKYコインだけではありません。決済方法がクレジットカードしかない、ということはクレジットカードのポイントもどんどん蓄積されることになります。100,000円単位の寄付をする場合は、クレジットカードのポイントに期待できます。

ANAのふるさと納税を活用するデメリットについて

ここまではANAのふるさと納税を活用するメリットを紹介しましたが、ANAのふるさと納税にはデメリットも存在します。それは選べる返礼数が他のポータルサイトと比較すると若干、少ないことです。クレジットカード決済に限定しているからかもしれませんが、その少なさは他のポータルサイトと比較すると見えてきてしまいます。沢山の返礼品の中からじっくりと返礼品選びをしたい場合は他のふるさと納税ポータルサイトを活用した方が、満足できる可能性があります。

ANAのふるさと納税を活用するメリットとは

ANAのふるさと納税を活用するメリットはANA SKYコインとクレジットカードの二点です。そしてさらに飛行機を頻繁に利用している場合は、ANAのふるさと納税を活用すべきだといえるかもしれません。しかし欲しい返礼品が見当たらない場合は、他のポータルサイトも積極的に利用していきましょう。

まとめ

ここまでANAのふるさと納税を活用するメリットについて紹介しましたがいかがでしたか?結論としては飛行機によく乗り、尚且つそれなりの金額をふるさと納税で寄付するなら利用する価値があるといえるでしょう。しかし返礼品が若干少ない、というデメリットも存在します。ただこの返礼品の少なさは今後改善されていくかもしれません。2016年にはじまったANAふるさと納税。今後の盛り上がりに要注目です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう