ふるさと納税は住民税控除の限度額に合わせた方がいい理由

ふるさと納税を上手に活用したいのであれば、住民税控除の限度額を意識しないければなりません。実はこの限度額に合わせた方がふるさと納税を活用するメリットは大きくなります。ではなぜふるさと納税は住民税控除の限度額に合わせた方がいいのでしょうか。今回はその理由を詳しく紹介します!

-AD-

収入に見合った寄付金額を設定しよう

ふるさと納税で寄付金を決める際は、基準とすべきものがあります。それが住民税控除の限度額です。この限度額は所得と家族構成によって異なります。その為、ふるさと納税を検討する際は、まず自分の所得と限度額を把握することが必要なのです。

限度額を無視した寄付はメリットが少ない

では仮に、この住民税控除の限度額を無視して多めに寄付していたとしたらどうなるのでしょうか。例えば、年収400万円世帯であれば、限度額の目安は23,000円です。しかしこのことを無視して、合計で50,000円寄付していた場合、控除されるのは、23,000円のみです。残りの2000円を除く25,000円は控除されることなく、ただの寄付となるのです。

ふるさと納税を活用する際は節税を意識しよう

ふるさと納税を検討する人の中には、納税など興味がない、という場合もあるでしょう。実際に純粋にふるさとに寄付をしたいという気持ちでふるさと納税を検討する人も少なくありません。しかしどのような動機でふるさと納税に取り組むにしても、節税のメリットはしっかり受け取っておきましょう。書類手続きなど、多少手間はかかりますが、自分にもメリットが残る寄付をすることで翌年も継続的にふるさと納税に寄付できる余裕が生まれやすくなるのです。

ふるさと納税の限度額に2000円足した金額を寄付しよう

ふるさと納税の寄付金を決める際は、住民税控除される限度額にぴったりと合わせるべきではありません。何故なら、控除される金額は、基本的に2,000円を除いたものだからです。したがって限度額に2,000円を足した金額の寄付金にしなければ、限度まで控除を受けることはできなくなります。寄付金を決める際は、限度額に2,000円足すことを覚えておきましょう。

ふるさと納税は寄付するタイミングも重要

ふるさと納税をするのであれば、返礼品選びが欠かせません。人気がある返礼品は、早い段階で品切れとなる場合があるので注意が必要です。限度額の見極めや寄付金の決定、家族の理解など考えるべきことはいくつかあるかもしれません。しかしふるさと納税はタイミングも大切です。早い段階でふるさと納税選びを始めれば、人気の返礼品が受け取れる可能性も高くなるのです。

年収が500万円を越える場合は、特に限度額を意識しよう

住民税控除の限度額は、年収500万円なら、目安が47,000円です。4,7000円の限度額であれば、実質10,000円の返礼品が4つ、さらに5,000円の返礼品が1つ受け取れる計算となります。10、
000円の返礼品となると、それなりに高価な食材が手に入る場合が少なくありません。限度額ぎりぎりまで寄付すれば実質これらを無料で手に入れることになるのです。

ふるさと納税は住民税控除の限度額に合わせた方がいい5つの理由

ここまでお伝えしたように、ふるさと納税をする際は、寄付金をいくらにするのかが大切です。この金額を、住民税控除の限度額に合わせて決めることで、実質無料で返礼品を受け取れるようになります。では以下に、これまでの内容を踏まえ、ふるさと納税を住民税控除の限度額に合わせた方がいい理由を以下に提示します。

  • 節税対策としての効果が最大化する
  • 翌年の住民税の支払いが楽になる
  • 無理のない範囲で寄付金が設定できる
  • 寄付した金額全てが控除されるという勘違いが無くなる
  • 実質2000円の負担で所得に合わせた返礼品が受け取れる

このように、ふるさと納税の寄付金を決める際に、住民税控除の限度額を意識すれば、やってしまいがちな「勘違い」を未然に防ぐことにもつながるのです。

まとめ

ここまで、ふるさと納税は住民税控除の限度額に合わせた方がいい理由について紹介しましたが、いかがでしたか。ふるさと納税をする際に、控除の限度額を意識せずに金額設定することは、ゴールのない徒競走のようなものです。ゴールが無ければ、徒競走もどこまで走ればいいのか、どの程度の力量で走ればいいのか考えられないですよね。ふるさと納税の寄付も同じです。控除される限度額が分かっているから、その範囲内で返礼品選びもできるのです。ふるさと納税を始める際は、所得に合わせた限度額を把握してから取り組みましょう。

収入に見合った寄付金額を設定しよう

ふるさと納税で寄付金を決める際は、基準とすべきものがあります。それが住民税控除の限度額です。この限度額は所得と家族構成によって異なります。その為、ふるさと納税を検討する際は、まず自分の所得と限度額を把握することが必要なのです。

限度額を無視した寄付はメリットが少ない

では仮に、この住民税控除の限度額を無視して多めに寄付していたとしたらどうなるのでしょうか。例えば、年収400万円世帯であれば、限度額の目安は23,000円です。しかしこのことを無視して、合計で50,000円寄付していた場合、控除されるのは、23,000円のみです。残りの2000円を除く25,000円は控除されることなく、ただの寄付となるのです。

ふるさと納税を活用する際は節税を意識しよう

ふるさと納税を検討する人の中には、納税など興味がない、という場合もあるでしょう。実際に純粋にふるさとに寄付をしたいという気持ちでふるさと納税を検討する人も少なくありません。しかしどのような動機でふるさと納税に取り組むにしても、節税のメリットはしっかり受け取っておきましょう。書類手続きなど、多少手間はかかりますが、自分にもメリットが残る寄付をすることで翌年も継続的にふるさと納税に寄付できる余裕が生まれやすくなるのです。

ふるさと納税の限度額に2000円足した金額を寄付しよう

ふるさと納税の寄付金を決める際は、住民税控除される限度額にぴったりと合わせるべきではありません。何故なら、控除される金額は、基本的に2,000円を除いたものだからです。したがって限度額に2,000円を足した金額の寄付金にしなければ、限度まで控除を受けることはできなくなります。寄付金を決める際は、限度額に2,000円足すことを覚えておきましょう。

ふるさと納税は寄付するタイミングも重要

ふるさと納税をするのであれば、返礼品選びが欠かせません。人気がある返礼品は、早い段階で品切れとなる場合があるので注意が必要です。限度額の見極めや寄付金の決定、家族の理解など考えるべきことはいくつかあるかもしれません。しかしふるさと納税はタイミングも大切です。早い段階でふるさと納税選びを始めれば、人気の返礼品が受け取れる可能性も高くなるのです。

年収が500万円を越える場合は、特に限度額を意識しよう

住民税控除の限度額は、年収500万円なら、目安が47,000円です。4,7000円の限度額であれば、実質10,000円の返礼品が4つ、さらに5,000円の返礼品が1つ受け取れる計算となります。10、
000円の返礼品となると、それなりに高価な食材が手に入る場合が少なくありません。限度額ぎりぎりまで寄付すれば実質これらを無料で手に入れることになるのです。

ふるさと納税は住民税控除の限度額に合わせた方がいい5つの理由

ここまでお伝えしたように、ふるさと納税をする際は、寄付金をいくらにするのかが大切です。この金額を、住民税控除の限度額に合わせて決めることで、実質無料で返礼品を受け取れるようになります。では以下に、これまでの内容を踏まえ、ふるさと納税を住民税控除の限度額に合わせた方がいい理由を以下に提示します。

  • 節税対策としての効果が最大化する
  • 翌年の住民税の支払いが楽になる
  • 無理のない範囲で寄付金が設定できる
  • 寄付した金額全てが控除されるという勘違いが無くなる
  • 実質2000円の負担で所得に合わせた返礼品が受け取れる

このように、ふるさと納税の寄付金を決める際に、住民税控除の限度額を意識すれば、やってしまいがちな「勘違い」を未然に防ぐことにもつながるのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう