ふるさと納税で控除される住民税の限度額を理解するポイント

ふるさと納税を活用することで、住民税が控除されることはよく知られているかもしれません。しかし具体的にその限度額を把握している人は少ないのではないでしょうか。限度額を理解していなければ、本当の意味でふるさと納税を効果的に活用することは難しいといえるでしょう。そこで今回は、ふるさと納税で控除される住民税の限度額を理解するポイントについて紹介します。

-AD-

控除される住民税の限度額は所得によって変わる

ふるさと納税で寄付をして、控除される住民税の限度額は誰もが同じなわけではありません。その限度額は数万円~400万円代まで幅があります。ではこれらの限度額は何によって切り分けられているのでしょうか。それは所得です。ふるさと納税で控除される住民税の限度額は所得により異なるのです。

単身、既婚によっても控除額は異なる

住民税の控除額を理解する為に必要な情報は所得だけではありません。単身なのか、既婚者なのか、というところでも控除される金額は異なります。また既婚であれば16歳~19歳の子供がいて尚且つ労働者として働いている場合も、その限度額は異なります。

一般的な年収である400万円の所得ならどの程度の限度額になるのか

年間の収入が400万円程度で、尚且つ子供無しの夫婦で配偶者控除があれば、住民税が控除される限度額は38,000円となります。ではこの限度額いっぱいまで控除を受けたい場合はどうすればいいのでしょうか。その場合は、40,000円以上の寄付をしましょう。そうすれば寄付金が2,000を除く全てが控除の対象となりお得にふるさと納税が活用できます。

年収300万円世帯の住民税限度額の目安

子供がいない夫婦の世帯で労働者として働き、配偶者控除を受けているという前提を満たし、尚且つ年収が300万円程度であれば、受けられる住民税控除の限度額の目安は17,000円です。したがって、控除を限界まで受けてふるさと納税を活用するのであれば、19,000円以上の寄付を検討しましょう。それより多くなると、控除とは無関係な寄付となります。

年収200万円世帯の住民税控除の限度額の目安

年間の収入が200万円程度で子供がいない夫婦の世帯で労働者として働き、配偶者控除を受けているという前提を満たしていれば、受けられる住民税控除の限度額の目安は4,000円です。この金額は年収が300万円の世帯と比較すると、控除される金額の差は大きいかもしれません。しかし4,000円程度でも毎年発生すると考えればそれは決して安い金額ではありません。6,000円程度の寄付でふるさと納税を賢く活用できるといえるでしょう。

子供がいない夫婦で年収が500万円世帯の場合の考え方

大企業に勤めてると、年収500万円以上の世帯が多くなりますが、子供がいない夫婦で配偶者控除を受けていれば控除される住民税の限度額は47,000円となります。その為寄付は49,000円程度実施すれば賢くふるさと納税を活用できます。年間4,7000円分の返礼品となれば、かなり色々なものが受け取れる可能性が高くなります。年収が500万円を越える場合は、ふるさと納税を使うメリットがかなり大きいといえるでしょう。

年収700万円世帯が控除される住民税の限度額の目安

結婚している夫婦で子供が無し、尚且つ配偶者控除を受けて年収が700万円であれば、住民税控除の限度額は84,000円です。したがって寄付金は86,000円が理想的な金額となります。このくらい控除されるレベルだと、50,000円以上の寄付も可能です。50,000円以上の寄付となると、返礼品のグレードも一気に高くなるので、どの自治体に寄付するのかが重要になります。

結婚している年収1000万円世帯がふるさと納税で控除される限度額の目安

子供を出産せずに結婚していて、配偶者控除を受けている。そして年収が1000万円であれば儒民税控除の限度額は164,000円となります。その為、寄付金額は166,000円とすれば、最も節税効果が高くなります。

年収2000万円を越えた場合に控除される限度額の目安

配偶者控除がある夫婦で子供無し、そして年収が2000万円を越える場合は、住民税控除される限度額は529,000円となります。その為、寄付金は531,000円とすれば最も効率的な節税となります。

まとめ

ここまで、ふるさと納税で控除される住民税の限度額を理解するポイントと、金額ごとの目安について紹介しましたが、いかがでしたか。年収は600万円以上から、控除される住民税限度額が50,000円を上回ります。それだけの返礼品を受け取れたら、食費の節約につながることは間違いありません。ふるさと納税を活用する際は、控除される限度額を理解して賢く活用していきましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう