ふるさと納税で支援できる埼玉県毛呂山町

埼玉県毛呂山町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

埼玉県毛呂山町の概要

ふるさと納税では、毛呂山町は埼玉県南西部から選べる自治体です。広域的には入間郡の地域に属し、交通網では八高線や東武越生線の沿線として機能しています。埼玉県毛呂山町の地形は、西側は外秩父山地の低山があり、東側に向かっては緩やかな傾斜が続いています。一部には岩殿丘陵があり、奥武蔵の豊かな自然環境が残されています。市内の東側では、荒川水系に属する越辺川と高麗川が流れ、川沿いには豊かな田園が広がっています。里山を思わせるような自然環境が特徴になっていることから、毛呂山町では柚子を中心とする果樹栽培も盛んに行われています。ふるさと納税の機会を通じて、このような特産品の情報を伝えることも行われていますから、総合的に見れば観光振興のためにも役立つことになります。

毛呂山町が用意する特典

寄附金に関する特典は、毛呂山町の場合には広報の「もろやま」を1年間にわたって届ける内容になっています。広報には地域に伝わる歳時記をはじめとして、収穫や祭事などに関する情報が豊富です。この機会を通じて購読することになれば、今までには関心を持てなかった情報の奥深さが分かり、新たな魅力を発見できるようになります。町外で暮らすようになると、地元の出来事には無関心になることがあります。町外で暮らす人が毛呂山町に対してふるさと納税を利用して、広報を特典として受け取ることで、再び郷里への関心を寄せてもらうことができるのです。このような取り組みを通じて、新たな潜在力を引き出して、観光の魅力を伝えることができれば理想的です。広報を通じることで、ふるさと納税の使い道に関心を寄せることも同時に可能です。

毛呂山町における寄附金の使い道

ふるさと納税による寄附金は、毛呂山町の場合には様々な分野で有効活用されます。高齢者が安心して暮らすために、福祉を充実させる事業で使われることになっています。この事業では健康を増進させる努力も行われるため、実際には若い世代にとっても有益です。第二番目には、環境を大事にする事業で使われることになります。外武蔵山地や岩殿丘陵の豊かな自然に加えて、高麗川などの水資源も大事にするために、この地域でも環境保全の努力が欠かせません。都会で暮らす人が毛呂山町に寄附をすることで、ふるさと納税は理想に忠実な形になり、結果的には自然が保全されることになるわけです。三番目には、教育を推進するための事業で使われることになりますが、この分野には文化財保護に関する事業も含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう