埼玉県深谷市のふるさと納税を積極的に利用

埼玉県深谷市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

埼玉県北部にある深谷市の概要

ふるさと納税における取り組みも盛んな深谷市は、農産物の生産量が埼玉県で1位となる田園都市です。広大な市域は、北側は坂東太郎の異名を持つ利根川から始まって、南側は化石も発掘される荒川の植松橋の付近まで含みます。農業が盛んな一方で、都心から近い立地のおかげで、観光や都市開発の分野でも注目を集めています。深谷駅は煉瓦風の駅舎が特徴で、街中には唐沢川桜堤などの名所も豊富です。ふるさと納税で深谷市を支援する場合には、様々な分野で寄附金が活用されます。重要文化財のホフマン窯の保存整備に加えて、埼玉県を代表する偉人となる渋沢栄一翁の精神を活かした街づくりにおいても、貴重な支援が活かされることになります。深谷市が提供するお礼品は、特産の野菜類を中心にして、友好都市の名産品も含まれています。

深谷ねぎが主役となる農産物のお礼品

深谷市のお礼品の中で、最初に注目してもらいたいのが深谷ねぎです。全国的な知名度も高い品物ですが、実際に届いたものを見ると、畑の土がしっかりと残っていることに気づくはずです。深谷ねぎの土は関東ローム層や利根川の沖積土を由来とするもので、豊富な養分を含んでいるのが特徴です。冬の時期には甘味も増して、鍋料理で使えば絶妙な美味しさになります。ふるさと納税のお礼品として選ばれている深谷ねぎは、豊里地区の生産者が丹精込めて栽培したものです。お礼品の中には、深谷ねぎとの相性が素晴らしい名産品として、深谷牛の詰め合わせがありますから、選択肢も豊富になっています。利根川の恵みで育てられた大和芋については、ご飯との相性も抜群によく、様々な料理で活用できる特性を持っています。

花卉と伝統工芸品のお礼品も選択可能

埼玉県深谷市では、花卉の栽培も盛んなことから、ふるさと納税のお礼品としても選ばれています。市内の各所には大規模な温室があり、バラなどの花々が生産されています。さらに、旧花園町の地区にある農産物直売所では鉢花も大人気になっていますから、ふるさと納税の機会を利用して手に入れてみてはいかがでしょうか。鉢花は季節ごとに選べるものですから、母の日やクリスマスなどの行事に必要な場合にも対応できます。深谷市で農業や花卉栽培が盛んなのは、肥沃な土壌があるためですが、この特徴によって生まれた名産品は他にもあります。古くは瓦の生産が盛んで、近代化以降には煉瓦生産の一大拠点になったのも、小山川と利根川の良質な土壌のおかげです。このような歴史的な背景があるため、深谷市のお礼品の中には、鬼瓦作りの職人が制作した表札も含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう