日高市が行うふるさと納税の内容

埼玉県日高市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

日高市の紹介とふるさと納税の推移

日高市は、関東平野の西部、埼玉県の南西部に位置し、人口56,696人を有する市です。市域は、西部は外秩父山地の東麓にあたり丘陵と山岳地帯を持ち、東部にはなだらかな台地が広がっています。首都圏から40km圏内と近く、多くのハイカーが訪れるスポットとなっており、巾着田はヒガンバナの名所としても知られています。
日高市のふるさと納税は、制度初年平成20年、翌21年は実績が0となっています。22年、23年にはそれぞれ、3,381,910円、10,575,998円の寄附があり、平成24年には729,998円に減少するものの、翌25年は893,700円、26年には1,468,000円の寄附が寄せられています。平成27年には大きく増加をしており、寄附件数2,698件に対して寄附金額が45,446,501円となっています。

ふるさと納税が活用される事業について

埼玉県日高市では、ふるさと納税の事業として3つの内容を設けています。まず、ふるさと自慢のまちづくりに関する事業 があり、ここでは、主な事業として、自然環境の保全のための事業や、歴史・文化を継承するための事業、観光活性化のための事業があります。2つ目としては、おもいやりのまちづくりに関する事業 があり、内容としては、未来を担う子供たちのための事業や、健康や福祉を支えるための事業、生涯学習を推進するための事業があります。3つ目としては、地域の安心・安全のための事業や、地域のボランティア支援のための事業、道路や公園を整備するための事業を主な内容とする、活力あるまちづくりに関する事業 があり、申込では、事業名を選んで寄附をすることが出来るようになっています。

贈られる返礼品の内容について

埼玉県日高市では、1回10,000円以上の寄附をした人に対して、ふるさと納税返礼品を設けています。
返礼品は、寄附額によって10,000円以上から200,000万円以上まで、全部で11のコースが設けられており、コースによっては非常に多くの商品が用意されています。例えば、最も手軽に寄附が行える10,000円以上には34商品がラインナップされており、内容に関しても、ハムやベーコン、チーズ、菓子類、醤油などの調味料、日本茶など、バラエティに富んだ商品が用意されています。
日高市が用意をする返礼品は、コースによって選ぶ商品の範囲が決まっており、ここでの内容はAからKまで設けられた記号で組み合わせが行われています。寄附金額の範囲内であれば、複数の特典・コースから最大10商品まで選ぶことができますが、パターンの数が多く、よく確認をすることが必要になります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう