ふるさと納税による支援を埼玉県ときがわ町で行う

埼玉県ときがわ町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

埼玉県ときがわ町の概要

ときがわ町は、埼玉県中部にある自治体の中では、昔ながらの里山風景がよく残っている地域として知られています。ふるさと納税では、この町に住む人でなくても、地域の自然保全や観光振興を推進するために寄附金を申し込むことができます。ときがわ町の地形は、秩父盆地の東側にある外秩父山地に囲まれ、荒川水系に属する都幾川の流域になるのが特徴です。この地域は奥武蔵と呼ばれることもあり、都心には比較的に近いにもかかわらず、都幾川の清らかな水や外秩父の原生林が美しいことが魅力になっています。現在の町域は、都幾川村と玉川村が2006年に合併した際に確定したものです。まだ新しい自治体ですが、古代以来の歴史がある名所が多いことから、ふるさと納税による支援をしながら訪問してみてはいかがでしょうか。

ときがわ町の名産品の中から特典を選ぶ

ときがわ町が用意する特典には、外秩父の豊かな土地で生産される野菜を中心にして、多彩な種類を選択できる仕組みになっています。多彩な野菜を一度に食べたい場合には、里山おすすめセットを選ぶことがおすすめです。このセットにはネギやカボチャなどの種類が含まれますが、どれも味わいが豊かなもので、煮物などの料理にすれば絶品の美味しさを存分に堪能できます。外秩父の自然は良質な山菜を生み出していることから、ふるさと納税の特典からも選ぶことができます。寒暖差もある気候を活かして、ときがわ町では果樹栽培も行われていますので、特典からは「ゆずセット」を選ぶこともできます。品種としてはコシヒカリになる慈光寺米についても、ふるさと納税の特典から選べば毎日の食卓で重宝するはずです。

寄附金は水源地の森を守るために使われる

埼玉県ときがわ町が提案する使い道として、代表的なものには「水源地域の森づくり事業」があり、都幾川の自然保護を目的にする内容になっています。ときがわ町の範囲の7割は森林になっているため、保水力もある山を守ることによって、都幾川の水源を確保することができるのです。このような事業で寄附金が活用されると、やがては荒川の本流へと十分な水が供給されることも重要です。同時に野鳥や山菜を育むための豊かな自然林が守られることになれば、結果的には人間にとっても住みやすい環境になるわけです。荒川流域の自然に関心がある場合には、ときがわ町に対してふるさと納税をすることで、河川環境を整えながら地域に貢献することができます。このような取り組みを継続すると、子供や孫の世代へ貴重な資源を残せるようになります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう