せんべいで有名な草加市のふるさと納税

埼玉県草加市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

ベッドタウンとして発展する埼玉県草加市

埼玉県草加市は、埼玉県の南端に位置していて、東京都足立区に隣接している市です。東京へのアクセスの良さからベッドタウンとしての開発が進み、人口は順調に増加しています。現在は、24万人を超えるまでになっています。このような状況から高齢化率も子どもの割合もほぼ全国平均並みを維持しており、さらに国から受け取る地方交付税は、市の歳入のわずか5パーセント弱で済んでいるという優良都市です。このように数字上も元気な草加市ですが、増加する人口に対応するため、「快適都市~地域の豊かさの創出」をスローガンに、都市整備を積極的に進めようとしています。まだまだ昭和の雰囲気を残す草加市ですが、これから再整備が進んで行くと昔の風情は徐々に失われていくかもしれませんね。

草加といえば草加せんべい

草加市といえば、まずは草加せんべいですね。もちろん、ふるさと納税の特典にも草加せんべいは取り上げられています。草加市は埼玉県なのですが、東京都に隣接しているため、草加せんべいは東京みやげとしても有名ですね。ふるさと納税特典の草加せんべいは、草加せんべい振興協議会に加盟する16店舗の自慢の品を詰め合わせした他では手に入らないコンビネーションです。いろいろな味が楽しめるのがうれしいですね。こちらの商品は、ふるさと納税の寄付金額が上がるにしたがって、お届け回数が増えて行く仕組みですので、せんべいばかりあまり一度に来られても困るという方にも安心です。草加市のもうひとつの伝統産品に革製品が挙げられます。製革業者が戦後集まって自然発生的に興隆したと言われていますが、今や伝統産業のひとつです。ふるさと納税特典の中にも名刺入れなどがあります。

様々な産業が集積している草加市

草加市のふるさと納税特典の特徴としては、農産物は少なくて、日用品などが多いことが挙げられます。これは、農業はそれほど盛んではないため、農産物や農産加工品が名産としは特にない代わりに、様々な業種の事業所が立ち並んでいるので、これらメーカーの製品をふるさと納税特典にしているという面があります。例えば、地球儀があります。これは地球儀のトップメーカー・渡辺教具製作所が市内にあるためです。ちょっと面白いところでは、電力を必要としない、iPhoneのためのエコロジースピーカーがあります。これなどなかなか手に入らない品ですね。昭和西川という布団メーカーの倉庫がある関係から、枕やお布団も掲載されています。こちらは高級布団ですから、お祝いなどの贈り物にしてもいいですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう