埼玉県熊谷市でふるさと納税を利用

埼玉県熊谷市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

ふるさと納税に参加する熊谷市の概要

ふるさと納税に参加している熊谷市は、埼玉県の北部では最も多い人口を有する都市です。古くからの交通の要衝にあり、近世には五街道の一つの中山道の宿駅として発展しました。江戸時代から近代にかけては、生糸の生産や荒川の舟運も盛んに行われた地域でもあります。現在の市域は利根川から和田吉野川の付近まで含み、川沿いでは昔から二毛作が盛んに行われています。近郊農業も盛んなことから、埼玉県の食料を供給する上でも重要な役割を担っています。観光名所としては、国宝の本堂を有する妻沼聖天山が代表的ですが、市内中心部には星川通りや万平公園などの名所も多く、うちわ祭りや熊谷花火大会のイベント開催時には大いに賑わいます。ふるさと納税を利用すれば、自然や観光の資源に恵まれた熊谷市にとっては、大きな助けになります。

お礼品として特産の麦を使ったうどんを選ぶ

熊谷市は、麦翁と呼ばれる権田愛三を輩出した地域で、麦の生産量は埼玉県内ではトップクラスです。このような事実があることから、返礼品の中には麦を使った名産が多いのですが、代表的なものが「熊谷うどん」です。埼玉県の小麦生産量に加えて、うどんの生産量も全国では最上位になっているわけですが、熊谷うどんの品質に魅力が全て凝縮していることになります。特典としてもらうことができますから、届いたときには、独特な食べ方で楽しむことができます。熊谷うどんは冷たい状態で仕上げますが、麺のつゆにはナスや油揚げなどの具材を加えて、温かい状態で出すのが最大の特徴です。熊谷市に対してふるさと納税をすると、地域に伝われる食文化も同時に楽しめるため、麺料理が好きな人にもおすすめできます。

お礼品として特産の地酒を選ぶ

熊谷市の地形は、荒川扇状地と妻沼低地が中心となっていますが、南部は比企丘陵の一部を含みます。起伏のある地形のおかげで、良質な伏流水に恵まれていることから、熊谷市では江戸時代からは酒造りも主要な産業になりました。市内中心部は荒川扇状地の東端に位置しているため、かつては湧水を至るところで観察することができました。ふるさと納税のお礼品には、熊谷市内の酒蔵で醸造された日本酒や焼酎があります。日本酒は米で作られ、焼酎には麦を使うことになるわけですが、二毛作が盛んな熊谷市では両方ともに良質な状態で供給できる強みがあります。熊谷市では昔から酒造りが盛んですが、今後も伝統を守っていくことは容易ではないため、ふるさと納税の機会を通じて応援してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう