埼玉県神川町を支援するためにふるさと納税を活用

埼玉県神川町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

埼玉県神川町の総合的な特徴

ふるさと納税では、埼玉県北西部に位置する神川町も支援することができます。広域的には、古来からの歴史がある児玉郡に属し、武蔵国の二宮とされる金鑚神社があります。利根川支流の神流川は、神川町の中心部では扇状地を作り出して、肥沃な平野を生み出しています。このような土地を活用して、この地域では梨の栽培が盛んに行われています。栽培の歴史は100年以上になることから、埼玉県における和梨の産地では代表的です。交通網については、国道254号線が通過し、昭和34年竣工の藤武橋を通じる形で群馬県藤岡市と接しています。川越児玉往還が通じる要衝として知られ、中世には武蔵七党に属する武士集団の本拠地になっていました。このような歴史がある神川町を応援するために、ふるさと納税を利用するのも意義深いことです。

神川町に集められた寄附金の使い道

ふるさと納税に関する神川町の使い道は、基本的には5つの基本で成り立っています。第一には、安全で快適に暮らせる街づくりに活かされます。第二には、健康で安心に満ちた街づくりで活用されることから、高齢化社会にも対応できる内容です。3番目の内容では、相互の理解を通じる形で、学習を促進させる街づくりの施策で使われることになっています。4番目には、活気に満ちた状態で働ける街づくりで活用して、主産業の活性化が盛り込まれる内容です。5番目の使い道では、町民と行政の両者が希望に満ちた街づくりをするために、総合的に役立てられることになります。このような施策を通じて、上武山地に属する城峯山の自然が保全されたり、神流川における水辺環境が充実することも期待できるため、ふるさと納税の恩恵は大きくなります。

謝礼品には梨などの特産品が豊富

埼玉県神川町から選べる謝礼品には、地元産の名物が多く、グルメも含めて堪能できるようになっています。城峯山の湧水を利用した名産としては、豆腐セットを選ぶことができますが、こちらは冬の時期には鍋料理の材料としてもおすすめできます。神川町では昔から粉食文化が盛んで、冠婚葬祭の食事でも重宝されているため、特典の中にはうどんのセットも用意されています。地元で古くから営業する醸造会社からは、味噌や醤油のセットが提供されています。神川町を代表する特産品としては、彩玉や幸水などの品種がある梨を選べますが、こちらは季節限定になります。夏の時期の梨は水分が豊富でありながらも、果肉には豊富な甘さがあり、甘い香りも魅力的な逸品です。ふるさと納税を利用して、神川町の梨をもらうことができれば、郷里の豊かさも実感できます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう