埼玉県越生町のふるさと納税を活用

埼玉県越生町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

埼玉県越生町がふるさと納税に期待する理由

越生町は埼玉県の入間郡に属し、奥武蔵の自然環境を活かした街づくりを行っている地域です。ふるさと納税に関しては、寄附金を自然保護や観光振興の分野で活用してきました。ハイキングの街づくりを推進するために、ふるさと納税を活用していることは、他の自治体にはない取り組みと言えます。都心に近い場所にありますが、豊かな武蔵野の自然が残り、太田道灌ゆかりの史跡も多い街ですから、応援したくなる要素は非常に豊富です。埼玉県に暮らしている人だけでなく、様々な事情で日本各地に移り住んだ人の場合でも、越生町をふるさと納税で応援することができるのです。越生町は観光名所が豊富な自治体ですが、近年には高齢化や過疎化の問題も見過ごすことができないですから、ふるさと納税への期待度は高まっています。

名産の梅を使った記念品

奥武蔵の山々に囲まれた越生町では、寒暖差のある気候を活かして、古くから梅の栽培を行ってきました。越生梅林は埼玉県を代表する花の名所の一つで、満開の時期には多くの観光客を迎え入れます。ふるさと納税の記念品についても、地域の名所を象徴する梅を使うことで、感謝の気持ちを素直に表現しているわけです。実際に選べる記念品としては、伝統的な梅干しとカリカリ梅のセットがありますが、こちらは普段の家庭料理でも大いに重宝する品質です。奥武蔵の梅酒セットも記念品の一つですが、完熟した梅の旨味や甘味がよく出ているため、味わいには深みがあります。郷土菓子の一つの梅玉は、普段のお茶請けとして使えるだけでなく、贈答品としても重宝する逸品ですから、記念品の中に選ばれています。

伝統的な製法で作られる記念品も魅力

越生町の名物としては、柿渋を使った伝統工芸品も名高く、うちわは代表的なものとして知られています。この地域で作られるうちわについては、堅牢な構造になっているのが特徴なため、ウナギ料理店などでも使われています。ふるさと納税で選ぶ場合には、普段は清涼感を得るために使えますが、料理では粗熱を取るときに使えば重宝することになります。伝統工芸の中で、食品類としても分類できるものでは、日本酒も記念品の中から選ぶことができます。越生町では奥武蔵の豊かな水を使うことができますから、日本酒の味わいも見事になるわけです。特撰酒セットには越生梅林の名前が付けられていますが、上質な風味と旨味がしっかりとした内容です。お酒が好きな人は、ふるさと納税を越生町で利用して、蔵元の秘伝の味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう