ふるさと納税で甘楽町に寄付すると貰えるのは他にはない豪華な感謝品

群馬県甘楽町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

甘楽町の概要とふるさと納税を使った目的

甘楽町は群馬県の西部に位置しており、甘楽という郡に属しています。隣接する自治体には、富岡製糸場で有名な富岡市と高崎市があります。群馬県甘楽町には約1万4000人が暮らしていますが、2000年のピークを記録して以降は減少傾向にあります。海外交流の一環で、イタリア共和国のトスカーナ州と姉妹都市提携しています。そのほか、中華人民共和国にあるハルビン市とは友好関係はないですが、中国人と日本人の学生で交換留学派遣などが行われています。群馬県甘楽町では自然環境や歴史的文化財の保全のため、2008年からふるさと納税制度を導入しています。導入当時は総額100万円だったふるさと納税の寄附金額が、2015年には倍以上の900万円を超えています。ふるさと納税で寄付された貴重なお金は、産業の復興に関する事業など7つの事業で活用しています。

1万円以上の寄付で貰える感謝品

群馬県甘楽町にふるさと納税という形で寄付した場合、町の農作物や加工品などの特産品が貰えます。ただし、甘楽町以外に住民登録していて1万円以上のふるさと納税をした方限定です。最低金額寄付すると貰える特産品は、ワインや地酒などの酒類やこんにゃくセットなどがあります。ワインは、姉妹都市提携しているトスカーナ州から直輸入されたワインで、デザートワインから本格的ワインまで約10種類があります。人気が高いのは「ソーディ・ルンギ」と呼ばれるワインで、ルビーのような輝かしい赤色と仄かな香りが特徴です。地酒も4種類あり、どれも純米特有の強い味わいと仄かな吟醸香が特徴な地酒です。こんにゃくセットは正式には、こんにゃくバラエティセットと呼び、甘楽町にある業界大手の加工メーカーが季節によって違った味のこんにゃくを楽しめるセットです。

オリジナルオーダー家具と絵画

ふるさと納税を使って100万円以上の超高額支援を行った人には、オーダー家具や画家が描いた絵画が貰えます。オーダー家具は、群馬県甘楽町にある工房で作られた家具で桜やクルミなど、国産広葉樹を仕入れて長期間の自然乾燥をした後、テーブルや椅子などのオリジナル家具を製作しています。とても完成度が高くシンプルな家具は、利用者から高評価を得ています。この感謝品は完全オーダー制のため、ふるさと納税カタログを使って申し込みした後、工房の職人さん達と話し合いになります。ただし、沖縄県や離島に住んでいる人は対象外です。最後に画家による絵画は、甘楽町のふるさと大使を務めている有名日本画家の方が描いた絵画が贈呈されます。世界に1つしかない絵画を自宅に飾って、友人に自慢すると良いでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう