ふるさと納税を通じて群馬県神流町を応援

群馬県神流町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

群馬県神流町の地勢と概要

ふるさと納税に参加する神流町は、群馬県の南西部に位置しています。2003年に中里村と万場町が合併して誕生した新しい自治体ですが、町内には恐竜の足跡の化石が残っていますから、悠久の歴史を有している地域でもあります。町域は関東山地の地域に属し、利根川水系神流川の上流部になります。神流川が町名の由来であり、同時に清らかな水辺の景色が自慢になっています。人口は2000人ほどの規模ですが、都心からは比較的に近く、日帰りが可能な観光地としても人気を集めています。神流川における鯉のぼりの景色は、群馬県神流町を象徴する絶景としても有名です。ふるさと納税の機会を通じて、山中地溝帯の化石に興味を持つこともできますから、地学に興味がある人も応援してみてはいかがでしょうか。

神流町に集まった寄附金の使い道

寄附金の使い道には、神流町らしい工夫が施されています。第一には、鯉のぼりと恐竜を活かした街づくりで活用されることになっています。鯉のぼりの風景は、観光客を魅了する要素が十分にあることから、今後も続けていくための支援があれば大いに助かることになります。恐竜については、若い世代にも人気のある要素ですから、足跡が残る漣岩の保全に役立てられるのは素晴らしいことです。白亜紀の時代には、神流町にも海が迫っていたことは、漣岩の痕跡によって明らかにされています。現在の群馬県には海がありませんが、恐竜を活かした街づくりを進めることによって、存在を明らかにすることができるのです。このような施策を通じて、ふるさと納税に関する注目度が高まり、神流川流域における観光振興を充実させることも目標になります。

神流町から届けられる特典

ふるさと納税で神流町を支援した場合には、特典として町が発行する広報を2年間にわたって届けてもらうことができます。2年の間には、神流町では様々な出来事があり、季節ごとに違った話題で盛り上がることになります。地元の人でなければ知らないような情報も掲載されるため、町外で暮らしながら郷里に関心を持っている人にとっては、郷愁を思い起こすためにも役立つはずです。広報誌には、神流川と鯉のぼりの絶景に加えて、恐竜に関する情報も掲載されます。広報を通じて神流町の出来事を知ることで、地元の人と同じような気分を味わえるのですから、非常に素晴らしい試みです。さらに、ふるさと納税の寄附金が様々な事業で活用される様子を知るためにも、身近な広報が役立てられることになります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう