ふるさと納税の仕組みを利用して安中市を支援

群馬県安中市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

群馬県安中市の全体像を紹介

群馬県にある安中市は、中山道や上信越自動車道が通過する交通の要衝にあります。ふるさと納税への取り組みも行っていて、様々な分野で支援を呼びかけています。この街の歴史は古く、第四紀の火山活動から始まって、明治時代の鉄道開通に至るまで、絶え間ない変化を続けてきました。景勝地となる場所には妙義山があり、荒々しい山並みで多くの人を魅了しています。市域を通過する碓氷峠は、中山道の難所となる場所ですが、途中には碓氷第三橋梁と呼ばれる近代土木遺産があります。市内にある磯部温泉は、古来よりの名湯として名高く、江戸時代には湯治場としても大いに賑わいました。このような魅力的な名所が多い安中市に対して、ふるさと納税によって支援をすることは、群馬県全体の発展にも役立ちます。

安中市がお礼品として提供する特典

ふるさと納税で応援してくれる人に対して、群馬県安中市は郷土の名産品を特典して贈呈して、感謝の気持ちを伝えています。特に代表的なものには、磯部温泉の鉱泉水を使って焼き上げた磯部煎餅があります。磯部煎餅は香り高く、心地よい歯ごたえと甘さが特徴の銘菓ですから、全国的にも有名です。本来は磯部温泉のお土産として人気になっているわけですが、ふるさと納税の機会を利用して手に入れる場合には、同時に温泉郷の観光振興を支援することもできます。特典の一つに選ばれている「磯部物語」には、秋間産の梅をはじめとして、桑の葉やシルクパウダークリームを使ったお菓子が詰められています。かつての群馬県では養蚕が基幹産業であったことから、安中市の特典の中にも関連する材料が使われているわけです。

安中市のふるさと納税の使い道

安中市は日本におけるマラソン発祥地とされるため、ふるさと納税による支援をすると、安中遠足に関する事業に役立てられることになっています。碓氷峠にあるアプト式鉄道の遺構を保存して伝えていくために、ふるさと納税の支援が活用されることも重要です。めがね橋とも呼ばれる碓氷第三橋梁は建設から100年以上が経過していますが、今後も良好な状態を保つために、支援が必要とされています。安中市内にある秋間梅林をはじめとして、磯辺温泉郷などは貴重な観光資源となっていますが、ふるさと納税の支援も活かされる仕組みになっています。磯部温泉は温泉マークの発祥地と言われていますが、歴史的な伝統として広く浸透させるためにも、この機会を積極的に利用して応援してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう