ふるさと納税で茂木町を元気に

栃木県茂木町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

ふるさとを応援する方法

栃木県茂木町にふるさと納税するには、インターネットから申請するか寄付金申出書を提出する2通りの方法があります。
インターネットの場合は、茂木町のホームページからバナーをクリックしてポータルサイトに進んで申し込みすればOKです。クレジットカード払いもできます。
寄付金申出書を提出する場合は、ふるさと納税のチラシの裏面の申出書をFAXか郵送で送ればOKです。あとで記念品カタログが届きます。
茂木町はカタログギフト方式を採用しているので、記念品は寄付後に贈呈されるポイントを使ってカタログからポイントの範囲内の品物を選ぶことになります。
複数回申し込み可能で、寄付金に応じて税金控除を受けることができます。また、ふるさと納税ワンストップ特例制度が開始されているので、確定申告が不要です。

カタログとポイントの付与

カタログから記念品を選んで申し込まないと返礼品が届かないので、まずはカタログを閲覧する必要があります。カタログは町から送ってもらうか、もしくはネットでPDF形式でダウンロードできるようになっています。
1万円以上が25ポイント、12,000円以上が30ポイント、という感じで2,000円ごとにプラス5ポイント付くシステムになっています。上限はなく、何度でも返礼品をもらうことができます。
ポイントの有効期限は2年間ですが、新たにふるさと納税で寄付をしてポイントを積み立てると、それまでのすべてのポイントの有効期限が延長されます。
一気に高額の寄付をするのではなく、何度か少額寄付をしてポイントを積み立てて、高額な返礼品を狙ってみるという方法も可能です。

栃木県の特産品から選べる

茂木町は、栃木県らしい特産品を返礼品として用意しています。人気があるのは、完熟とちおとめや芳醇しいたけです。
最近ではさらに、道の駅もてぎオリジナルセレクションの、ツインリンクもてぎ商品も加わってラインナップが豊富になりました。
1万円以上の寄付でポイントがもらえて、それをカタログギフトから選べば返礼品をもらうことができます。
人気の完熟とちおとめは、11月1日から受付がスタートしています。その他、新米やツインリンクもてぎと森と星空のキャンプヴィレッジ宿泊券なども人気が高いです。
栃木県の名物であるギョーザも、1万円の寄付で選ぶことができます。
寄付してすぐに申し込みが可能になるように、ポイント即時発行が開始されているので、今まで以上に便利にふるさと納税ができるようになっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう