栃木県真岡市のふるさと納税も積極的に活用

栃木県真岡市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

栃木県真岡市を取り巻く環境

栃木県真岡市は、ふるさと納税の取り組みを通じて、地域を応援する仕組みを充実させている自治体です。真岡市の出身でありながらも、故郷を離れて暮らす人の場合には、応援してみたいという気持ちになることがあります。あるいは、この地域に特別な思い入れがあり、観光名所や名産品に興味がある場合にも、ふるさと納税で応援することができます。栃木県真岡市の人口は8万人ほどで、現在でも着実な成長を続けていますが、少子高齢化などの問題も山積しています。古くは木綿の製造や酒造の分野で隆盛を極めてきた都市なのですが、最盛期に比べれば業者の数は大幅に減ってしまいました。祖先から引き継いだ伝統を継承しながら、新たな技術革新を行う必要もある時代ですので、ふるさと納税の応援が必要とされている状況です。

真岡市のふるさと納税で選べる特典

ふるさと納税の特典として真岡市が選んでいるものには、地元産の農産物が多く、旬の魅力が十分に詰まった内容になっています。生産量が日本一を誇るイチゴは、特典の中では中心的なもので、豊かな甘味と絶妙な酸味のバランスも含めて優れている逸品です。秋が十分に深まる時期には、真岡市で収穫された新米を選ぶことができるのも魅力です。鬼怒川や小貝川沿いの肥沃な水田で作られた米は、食味のバランスが絶妙で、何度食べても飽きない美味しさになっています。5月から6月の時期にかけては、肥沃な大地で育てられたメロンも選ぶことができますから、フルーツ好きな人にもおすすめできます。食べ物以外では、真岡市を沿線にする真岡鉄道のSLを題材にしたDVD作品も特典に加えられています。

集められた寄附金の使い道

ふるさと納税の使い道は、真岡市の場合には地域の地場産業を復興したり、環境保全などの分野で活用されることになっています。木綿の里真岡の事業を通じて、かつての地場産業の栄光を取り戻して、後世に伝える取り組みが実施されています。真岡の夏祭り事業では、風土に根ざした文化を継承することで、観光客から見ても魅力的な街づくりを推進する取り組みを行います。環境保全も使い道の一つで、雄大な鬼怒川や広大な真岡台地の自然を守るための努力が行われることになります。教育のまち真岡の事業も展開されることから、次の時代に活躍する人材を育成したり、新たに発掘するなどの成果も期待できます。このような使い道のおかげで、ふるさと納税の良い部分が反映されて、真岡市の恒久的な発展につながることも期待できます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう