ふるさと納税の制度を利用して那須烏山市を応援

栃木県那須烏山市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

栃木県那須烏山市の概要

那須烏山市は、栃木県の中東部に位置する自治体で、ふるさと納税による寄附金制度を取り入れています。那須烏山市の周辺には八溝山地や塩那丘陵などの山並みがあり、那珂川の本流が蛇行しながら流れています。さらには、那珂川支流の荒川も蛇行して流れることで、ダイナミックな自然風景が作られている地域です。緑豊かな景観が随所にあり、訪れる観光客にとっても様々な魅力を実感できる都市です。栃木県那須烏山市は前身となる烏山町と南那須町が合併する形で、2005年に誕生したばかりですが、昔からの伝統も引き継いでいます。城郭の遺構として残る烏山城は、中世から戦国時代にかけての山城の様子を知るためにも役立つ名所です。ふるさと納税で那須烏山町を応援して、これらの名所について関心を持つのも素晴らしいことです。

特典を名産品の中から選ぶ

ふるさと納税を那須烏山市に行った場合には、多彩な種類の特典を選ぶことができますが、どれも地元で愛される名産品ばかりです。清流としても有名な那珂川の鮎は、甘露煮と塩焼きの状態にして特典に加えられています。清流の那珂川の美しい水は、日本酒造りでは仕込み水として活用されているため、特典からは地酒も選べるようになっています。漢方では山薬として利用されるヤマノイモの種類において、自然薯と呼ばれるものは那須烏山市でも特産品となっていますので、特典から選ぶことができます。自然薯の粘り気は非常に強く、鮮烈な土の香りも特徴になりますから、珍味としても大変に貴重です。工芸品の種類では、烏山和紙のセットも用意されているため、紙漉きの伝統に興味がある人にもおすすめできます。

那須烏山市における寄附金の使い道

寄附金の使い道については、ふるさと納税の理念に合わせる形で、那須烏山市が抱える課題を克服する内容になっています。自然環境及び地域景観の保全及び活用に関する事業では、カワニナの生息を充実させて、結果的にはホタルと美しい星空を復活させるための努力が行われます。伝統芸能及び地域文化の伝承及び育成に関する事業では、山あげ行事に関する伝統を後世へと伝えていくために、寄附金の一部が活用されることになります。山あげ行事はユネスコ無形文化遺産に登録予定となっているため、今後の産業振興を充実させるためにも、保存の重要性が高まっています。特産品の育成と観光業を振興させる事業でも使うことで、持続可能な都市発展を推進することも重要です。ふるさと納税の使い道は、那須烏山市の風土に根ざした形になるため、郷土を愛する精神を養うためにも役立ちます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう