茨城県龍ケ崎市の紹介とふるさと納税の特典

茨城県龍ケ崎市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

茨城県龍ケ崎市の紹介

茨城県龍ケ崎市は茨城県の南部に位置する市で、東京から見ると土浦よりも手前にあります。龍ケ崎市は都心へのアクセスに便利な場所(1時間圏内)にあり、上野東京ラインが開通してからは常磐線で神奈川方面まで乗換えなしでアクセスができるようになりました。
龍ケ崎市では果物の生産が盛んです。当市は鰻丼発祥の地でもあり、市内には多くの鰻屋があります。市内には竜ヶ崎飛行場があります。
ふるさと納税で龍ケ崎市に1万円以上の寄付をすると特典品が貰えます。寄付の方法は、最初に特典を選んでから申込手続きを行います。支払方法はクレジット決済・銀行振込・現金書留などから選ぶことができます。
スイカやブドウなどの果物は募集時期が限定されているので、こまめに出品状況をチェックすることをおすすめ致します。

龍ケ崎市の特典品の紹介

ふるさと納税で龍ケ崎市に寄付をすると、地元で生産される果物や農産物、加工食品などと交換ができます。季節限定の農産物にはトマトやスイカ、ブドウ、新米などがあります。
加工食品ではスイーツやコロッケ、調味料、地酒(日本酒)が選択できます。加工食品でおすすめは1万円の寄付で貰える「人気うなぎ料理店のオリジナル『うなぎちまき』」(5個)です。見た目は中華風のチマキですが、中に鰻が入っています。
食品以外にもおすすめの特典品があります。
龍ケ崎市内にはガラス工芸品を製造している会社(カガミクリスタル株式会社)があり、宮内庁や外務省にもガラス食器などを納入しています。1万円以上の寄付で、この会社のガラス製品が貰えます。
他にも5万円以上の寄付で市内にある宿泊施設の宿泊券が選択できます。
ふるさと納税で宮内庁御用達の会社が製造したガラス器で食事を楽しむのはいかがでしょうか。

竜ヶ崎飛行場を利用した遊覧飛行の紹介

龍ケ崎市ではふるさと納税をすると、竜ヶ崎飛行場を出発する小型飛行機で遊覧飛行(新中央航空)が楽しめます。
1枚のチケットで最大3名まで搭乗可能で、寄付額(3万円、10万円、20万円、30万円)に応じてコースを選ぶことができます。3万円のコースでは約10分の飛行で龍ケ崎市内を1周します。10万円のコースでは湯空く25分の飛行で土浦上空を観光します。20万円のコースは約50分の飛行で新宿や皇居・東京タワー上空を飛行します。30万円コースになると役60分の飛行で、東京上空または銚子・九十九里方面の遊覧飛行が楽しめます。
遊覧飛行は予約を行ってから利用しますが、天候不順によって他の日に変更する場合があります。
ふるさと納税を利用して、東京上空の遊覧飛行を楽しむのはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう