ふるさと納税を茨城県鉾田市に対して行う

茨城県鉾田市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

茨城県鉾田市の全体的な概要

ふるさと納税で支援できる鉾田市は、茨城県の南東部に位置している都市です。県庁所在地の水戸市からは30km圏内に位置していることから、ベッドタウンとしての役割も担っていますが、基本的には全国有数の田園都市として成長を続けています。鉾田市の地形は平坦であり、広大な沖積平野が肥沃な土壌を生み出しているために、良質な農産物を育むための原動力になっているのです。市域の中には、霞ヶ浦の一部となる北浦があるため、淡水の水域も広い地域と言えます。汽水湖となる涸沼もあり、豊かな田園風景と見事に調和する景観が作られています。一方で、東側には鹿島灘があり、浜辺の景色が美しい名所として大竹海岸があります。このような魅力が豊富な鉾田市を応援するためにも、ふるさと納税を利用してみてはいかがでしょうか。

選べる特典には農産物が豊富

鉾田市の農産物の産出額は、全国では5位の規模になることから、ふるさと納税の特典の中には野菜や果物などの名産品が数多く用意されています。その中でも代表的な名産は、全国で最も生産量が多いメロンですから、特典として選べば美味しさを存分に堪能できることになります。この地域でメロン栽培が盛んなのは、利根川水系の豊かな水資源に恵まれ、同時に肥沃な土壌が素晴らしいためです。メロンは春から夏頃にかけて選ぶことができますが、旬の時期ではない場合には、加工されているメロンジャムのセットも同時に利用できます。メロンジャムのセットには、同様に特産として人気のイチゴジャムも添えられています。野菜については、季節限定になる詰め合わせを選べば、ふるさと納税を通じて四季の恵みも享受できます。

鉾田市に集められる寄附金の使い道

茨城県鉾田市が具体的に実行する使い道には、いくつかの基本がありますが、どれも今後の都市発展にとっては欠かせないものになります。第一には産業の振興に使われ、農業や水産業などの衰退を食い止めるために役立てられることになります。全国有数の規模で発展する田園都市ですが、少子高齢化や後継者不足の問題もありますので、寄附金を活用することには意味があります。観光やイメージ戦略の分野でも有効に活用することで、交流人口を増やして、鉾田市の全体的な魅力を高めるためにも使われます。高齢化の時代に対応するために、健康づくり運動の事業に対しても貢献することができます。鉾田市の歴史や伝統的な文化を継承するための事業では、ふるさと納税の寄附金も大切に使うことで、後世の人材育成も促進できます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう