鎌倉市にふるさと納税してみる

神奈川県鎌倉市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

神奈川県鎌倉市とはどんなところ

鎌倉市は神奈川県の東南部にあり三浦半島の付け根にある都市です。全国的に知られており湘南地区の代表とも言えます。歴史は古く源頼朝が鎌倉幕府を開いた地であり、鶴岡八幡宮をはじめ多くの寺院や史跡が残されており、また相模湾に面しているためリゾート地としても有名で全国からたくさんの人が訪れています。鎌倉市に住んでいる人たちは著名人などの高所得層が多いものの、市内には企業や工場などはあまり多くないため一般の住民は都内や横浜など市外へ勤めている人も多くいます。そのため税収は考えているよりも多くは集まりません。それに歴史的建造物や町並みの保存や、道路の整備などで多くの税収を必要としています。それにさらに観光客を増やすために、全国のひとたちからのふるさと納税をお願いしています。

鎌倉市のふるさと納税の粗品とは

鎌倉市は神奈川県でも代表的な観光地であり、市内には有名な飲食店や名産品、伝統工芸品などがあり、また海に面しているため海産物が取れることでも有名です。また山が多く畑もあるため、ブランド野菜である鎌倉野菜も美味しいことで有名です。鎌倉市のふるさと納税のシステムは全国的にも珍しいポイント制となっており、そのポイントを集めることで粗品が手に入るようになっています。一万円寄付すると30ポイント加算されて、30ポイントから粗品が用意されています。さらに多く寄付するともっと魅力的な粗品が用意されています。欲しい粗品があってポイントが足らない場合は、すこしずつ寄付するようにしてポイントを貯めていけばより魅力的な粗品がもらえるという仕組みなどで、お得なシステムと言えるでしょう。

鎌倉市のふるさと納税の使い道とは

ふるさと納税の目的はその地域の特産物などをお得に手に入れるためにするひとが多いですが、またその地域の活性化のために役立てたいという目的から行う人たちもたくさんいるようです。自分たちのふるさと納税がどのように使われているのか知りたいという人たちもたくさんいます。神奈川県鎌倉市ではふるさと納税の使い道を明確にするために、納税者が使い道を選択できるようになっています。主なものとして、鎌倉の歴史的建造物や史跡などの保存や管理などに使うコースや、景観を守るために公園や緑地の整備などがあります。また子供たちが安心して暮らせるように使われるコースもあります。そのほかに鎌倉は海に面しており大きな地震が起こると津波の被害を受けやすい土地であることから、災害に強いまちづくりのために使われるコースも用意されています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう