ふるさと納税で町田市に寄付すると貰える特産品やサービス

東京都町田市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

町田市の概要とふるさと納税の新事業

町田市は東京都に南部に位置する市町村で、23区には含まれず多摩地域に属しています。東京都町田区から都心へ通勤する人の割合は約20パーセントです。隣接する自治体は、八王子市や神奈川県の横浜市があります。町田市には約42万人が暮らしており、高齢者率と子どもの割合は全国平均です。東京都町田市は今後の発展のため、2008年からふるさと納税制度を導入しています。ふるさと納税を導入した2008年から2014年までは、申し込み件数が10件前後でした。しかし、2015年度は多くの個人と法人様から寄付があり、ふるさと納税寄付金が9000万円以上集まっています。これらのふるさと納税寄付金は、トップアスリートと子ども達の交流や町田市立国際版画美術館に浮世絵を飾る事業など9つの事業で活用しています。

ふるさと納税で貰える特産品

ふるさと納税という形で東京都町田市を応援した方々には、感謝の印として市の特産品が貰えます。ただし、特産品は町田市外で住民登録している個人の方限定で貰えます。1万円以上で貰える特産品は、町田リス園招待セットや日本一醤油セット、町田シルクメロンなどがあります。町田リス園招待セットは、ペアの入園招待チケットとリスのエサが入った袋とオリジナルリスのぬいぐるみです。リス園では、リスに直接エサを与えたりモルモットやうさぎなどの小動物と触れ合えます。日本一醤油セットは、小田急線町田駅になる前の新原町田駅のホームで電車を待っていると、強い醤油の香りがするという逸話がある老舗の醤油屋が作った醤油です。最後のメロンは、2016年11月から提供が始まったメロンで、日本初の水耕栽培によって生産されており、上質な甘みと舌触りが特徴的なメロンです。

新事業に寄付すると受けられるサービス

東京都町田市のふるさと納税で1口5000円以上で貰えるのは特産品だけでなく、2016年から新しく開始した事業に関連したオリジナルグッズが貰えます。全国に展開しているサークルKサンクスで使えるサンクスカードや地元サッカーの特別招待券、美術館パスポートと特典セットなどが貰えます。サンクスカードは、「トップアスリートと子ども達をスポーツで繋ぐ」という2016年から新しく始まった事業に納税した方限定で貰えるオリジナルサンクスカードです。さらに、この事業にふるさと納税を使った多額の寄付をした方には、地元のサッカーとフットサルチームの特別観覧チケットが貰え、3万円以上だと専用席まで設けてくれます。次に美術館パスポートと特典セットは、町田市立国際版画美術館のパスポートとオリジナル風呂敷、保湿タンブラーなどが特典として貰えます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう