千葉県館山市でふるさと納税してみる

千葉県館山市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

千葉県館山市とはどんなところ

館山市は千葉県の南部にある都市で、県庁所在地のある千葉市からは約70キロメートルとかなり離れた場所にあります。隣には千葉県の最南端の南房総市になりますが、距離的にはそれほど離れていません。都会的な千葉市に比べると館山はローカルな感じであり、またところどころリゾート地っぽい場所もあります。館山市郊外は大型商業施設などがあるので多少賑わいをみせていますが、館山駅周辺の商店街は衰退しておりシャッター通りとなっており問題となっております。主な産業は漁業や農業ですが、近年ではそれらに携わるひとたちが減少しており、市の人口は減少傾向にあります。また市内には工場などが少ないため、税収は思ったよりも集まらないため、館山市では市外のひとたちからふるさと納税をお願いしています。

千葉県館山市のふるさと納税の粗品とは

千葉県南部は日本でも有数の漁業が盛んな地域であり、関東では千葉県産の海産物が多く出回っています。千葉産の海産物は品質が良く、その割には手ごろな値段で手に入るものが多いのでとても人気があります。館山市も東京湾に面しているので漁業が盛んに行われており、新鮮な海産物が手に入ります。また農業も盛んでとくにお花の栽培を多く手掛けている農家が多いです。そのため館山のふるさと納税の粗品は海産物やお花のセットなどが主でとても人気があります。館山市のふるさと納税のシステムは、一度の申し込みで寄付金に応じて最大で3品まで注文できるようになっています。10000円の納税だと1品だけですが、30000円納税すると、10000円の粗品を3つ指定するか、または30000円の粗品を1つ選んだりもできます。

千葉県館山市のふるさと納税の使い道とは

ふるさと納税というとたいていの人たちがその地域の名産品をお得に手に入れるためにするものですが、中にはその地域の出身者などは好意をもっており、その地域に役立ててほしいと考えて納税したりするひともいます。多くの人たちは自分たちが納税したお金がどのような形で使われているのか知りたいと考えているようです。そのため館山市では納税者が寄付金の使い道を指定できるシステムをとっています。主なものとして、安心安全のための街づくりのための事業や、花のまちづくりに関する事業、学校教育に関する事業、観光に関する事業、福祉に関する事業などがあります。もし納税者の使い道の指定がない場合は、市長が一番必要だと認める事業に使われます。館山市はなかなか税収が集まりにくいため、多くの人のふるさと納税をしてもらいたいと考えています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう