勝浦市のふるさと納税の返礼品

千葉県勝浦市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

千葉県勝浦市の寄付金の使い道

千葉県勝浦市は、房総半島の外房に位置している人口が約18000人の人が住んでおり、2014年4月から総務省によって過疎地域に指定されています。平成27年のふるさと納税寄付金の総額は1億5000万円でした。件数にすると約9700件で、これは勝浦市で生まれ育った人や支援希望者によるものです。ふるさと納税で寄付して頂いた支援金は、介護予防事業の高齢者支援に関する事業や環境美化運動の自然環境と地域景観保全に関する事業など、5つの事業で充てています。その他、勝浦市長が必要と考えた事業で活用します。県外に住んでいる人には、一定の寄付金支援のお礼として感謝品を贈呈しています。これは千葉県勝浦市の名産品で、ふるさと納税で1万円以上や10万円以上など寄付した金額の増減によって貰える品が変わります。

1万円以上10万円未満の贈呈品

ふるさと納税で1万円以上10万円未満の寄付を行った方々には、かつうら七福感謝券や地酒飲み比べセットや魚介類の詰合せが感謝の印として送られてきます。かつうら七福感謝券は、千葉県勝浦市内でのみ使える商品券です。還元率が70パーセントと高く、非常に満足度の高い返礼品です。自治体が発行する感謝券は一時期転売行為が多発し、発行中止をした自治体が多いですが勝浦市は継続して発行しています。オークションサイトで転売された感謝券は無効になり、以後ほかの自治体のように発行中止になる恐れがあります。次に地酒飲み比べセットは、各蔵元で作られた勝浦の地酒が720mlや300mlに入っています。最大で6種類の地酒を試せるため、自分の好きな地酒を見つけましょう。最後の魚介類詰め合わせは、勝浦で水揚げされた新鮮なサザエや金目鯛が沢山送られてきます。

10万円以上30万円未満の方には

ふるさと納税で千葉県勝浦市に寄付した方は、最高額の10万円分の商品券が返礼されます。10万円未満だと土地にあった名産品を送ってくれますが、10万円以上だとホテルか旅館の宿泊券や特製のウェットスーツが贈呈されます。ホテルの宿泊券は、勝浦市内の海岸沿いにあるホテルで磯会席料理を食べられるプラン、豪華な鮑ステーキとバイキングがセットになったプランから選択できます。20万円以上の支援でもらえるウェットスーツは、材料から製造まで全て国内で行っている日本のトップブランド製の高級ウェットスーツを返礼されます。30万円枠は前述したウェットスーツのほか、家族で楽しめるクルーザーの半日貸切とマリンスポーツを体験できる物、勝浦湾をスタンドアップパドルでクルージングできるプランが用意されています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう