ふるさと納税で千葉県大多喜町を応援

千葉県大多喜町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

千葉県大多喜町の概要

ふるさと納税で選べる千葉県大多喜町は、房総半島南部に位置し、自然と歴史遺産が調和した街づくりを行っている自治体です。本多忠勝が築城した大多喜城を中心にして、大規模な城下町が形成されていることから、時代劇ファンも魅了する地域となっています。周辺の地形は標高が低めの房総丘陵に囲まれていますが、一部には養老渓谷の山域も含みます。大多喜町の平野には夷隅川が蛇行しながら流れ、周辺の丘陵地帯の山景色と調和して、里山を思わせるような景色を見ることができます。ふるさと納税の機会を利用して、この地域の自然や名産品に興味を持つことは、地元にとっても嬉しいことです。大多喜町には貴重な文化遺産も豊富ですから、ふるさと納税で興味を持ってからは、実際に訪れてみてはいかがでしょうか。

大多喜町が用意している特典

千葉県大多喜町に対して寄せられた善意に対して、ふるさと納税の特典が用意されていますが、地元の名産品が豊富になっています。食べ物類では、苦味が少なくて甘味が豊富なタケノコを選ぶことができます。南房総の豊かな恵みを受けて生産された養老牛は、バーベキューセットにして提供されています。養老牛の食味は素晴らしく、地酒との相性も素晴らしいことから、味に厳しい人も満足できる品質になっています。畜産加工品の種類では、大多喜町のタケノコを使った肉まんセットを選ぶこともできます。この街では養蜂も行われていることから、ふるさと納税の特典には、蜂蜜とジャムの詰め合わせが用意されています。山の幸の種類では、タケノコの他には椎茸も名産になっていますので、特典からも選べます。

大多喜町で活用される寄附金

大多喜町に集められた寄附金は、様々な環境整備や産業振興のために使われます。第一に実施する施策としては、首都圏中央連絡自動車道の沿線に近いことを活かして、高速バス運行事業を開始することです。この事業のために寄附金が活用されると、都心部への交通アクセス機能が大幅に向上し、今後の観光誘致の分野でも有利になると考えられます。大多喜町にある養老渓谷では、快適で安全な遊歩道を整備する事業で活用されることになっています。具体的には、面白峡遊歩道整備事業と呼ばれるもので、季節を通じて渓谷美や木々が織り成す絶景を堪能してもらうための努力が行われます。この整備事業によって、養老渓谷の歴史を知る機会も増やすことができるため、大事な自然遺産を後世に伝えるためにも役立ちます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう