市川市のふるさと納税を知ろう

千葉県市川市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

千葉県市川市とはどんなところ?

市川市というのは千葉県でも東京都内に近く、総武線や東西線などで都内に通勤や通学をすることができるような東京のベッドタウンになっています。このあたりでは、南が浦安市、北が松戸市、東が船橋市になっていて、市川駅や行徳駅などの周辺に暮らしているのです。
市川市は千葉県の名産品としても知られる梨の生産が盛んであったり、大手の企業の本社があったりします。京葉ガスや京成電鉄、アマゾンジャパン関連会社、デイリーヤマザキの本社があったり、山崎製パンやサイゼリアの発祥の地としても知られているのです。
漁港としても行徳漁港や市川漁港などもあり、海苔や魚なども獲れるところとしても知られているのです。ふるさと納税は、この地域の名産品や被災地支援や災害支援地区との提携がされているのです。そういった観点からもふるさと納税をする候補地としてもおすすめです。

市川市の名産品というと

千葉県というと、農業が盛んな地域でもあるのですが、野菜など生産のほかにも果物の梨が有名です。これは市川市の特産品としてあげることもできるのです。幸水や豊水といった以前からある品種のほかにもあきづきや新高、王秋などもあります。梨の生産には時期もあるので、限定されてしまうのですが、瑞々しい梨を受け取ることができるのです。また、梨の加工品として梨のジャムやジュース、お酢やゼリー、シャーベットなどもあるのです。さらには海に近いこともあって、行徳や船橋の沖合いでとれたものを使った焼き海苔などもあります。
また京成電鉄の本社があることからスカイライナーの電車の模型やグッズ、市川市の動物園の入場券などもふるさと納税の返礼品として受け取ることができるのです。

被災地支援の取り組み

市川市は市の財政が豊かであって、公務員の給与も全国的に見ても高いといわれている地域です。それも対企業の本社があったりすることなども影響しているのでしょう。そこで被災地を支援する取り組みも活発に行われているのです。ふるさと納税に関しても、お礼の品物は被災地の商品を数多く取り揃えています。
その一例として、東北地方などの一部の都市の商品を挙げることができるのです。喜多方市のラーメンや会津のお酒、お豆セットなどもありますし、大槌町からは生牡蠣やホタテ、焼き魚や海藻などもあります。
また、災害支援として富士市との提携もしており、製紙関係やソーセージ、菓子やせんべいのセットなどもあったりするのです。
このように、市川市だけでなく、他の地域の特産品もふるさと納税のお礼の品として出しているのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう