横瀬町のふるさと納税の使い方や振り込み方法、お礼

埼玉県横瀬町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

横瀬町のふるさと納税の使い道

埼玉県横瀬町のふるさと納税は人材育成と町の発展のために用いられます。まず人材育成の面では、次の世代の子供たちを応援するための教育費にあてられます。次世代がグローバル化していく社会の中で自分の意見を持ってしっかりと発言できたり、物事を世界的な視野で見ることができるように成長していくため、町内の中学生を対象に外国人留学生などとの交流、海外派遣を行う国際交流事業に使われます。
また、使い道を指定されていないものの場合は横瀬町の必要な経費にあてられ、町の総合振興計画実現のために使用されることになります。町の暮らしをより良くしていくために大切に使われます。
申し込み方法はインターネットか、パソコンの画面上でダウンロードしたフォーマットを印刷し、必要事項を記載して郵送するか役場の窓口に提出することができます。分からない場合は直接お問い合わせできます。

埼玉県横瀬町への寄附の方法

寄附の方法としては4通りの方法があります。まず、町専用納付書による振り込み、次にゆうちょ銀行の振り込み取り扱い票による振り込み、そして金融機関窓口やインターネットバンキング、ATMによる口座への振り込み、最後にクレジットカードによる振り込みがあります。
町専用納付書、ゆうちょ銀行による振り込みの場合は横瀬町より振り込み用紙を郵送します。これにより手数料がかからなくなります。
三番目の金融機関窓口やATM、ネットを利用しての振り込みの場合には郵便または電子メールで振り込み口座番号が連絡されます。振り込む際には申し込み者と同じ名義であることが必要です。手数料は寄附する側が負担することになります。
地元にいてもそうでなくてもふるさと納税することができます。

ふるさと納税へのお礼の品

寄附の時期によっては少し待たなければならないものもありますが、特産品がたくさん取り揃えてあり、自然の恵みのたくさん詰まったお礼の品を受け取ることができます。1万円から3万円未満のものに対しては、720mlのワイン、生産から製造までの工程を全て横瀬町で行われているお茶の葉を始め、秩父で生産された肉の味噌漬けなどが受け取れます。
3万円から五万円未満のふるさと納税の寄附に対しては、埼玉県横瀬町の15ヶ所で取り扱われている食事や果物の収穫などの体験のクーポンをもらうことができます。
ふるさと納税額が五万円以上になると、これら特産品のセットをもらうことができます。いずれも横瀬町で製造されているもので、食卓を美味しく彩る調味料のセットが贈られ、10万円以上の寄附になるとそれが年に3回贈られます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう