茨城県古河市のふるさと納税が魅力的

茨城県古河市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

茨城県古河市とはどんなところ?

関東地方のほぼ真ん中、茨城県の西側に位置する古河市は、機構にも恵まれ春夏秋冬さまざまな風景を堪能することができる魅力に溢れたまちです。
地元民の憩いの場所となっている古河公方公園は足利義氏の墓所があるなど歴史深く、春には2000本の花桃が咲いて人々を幻想的な世界へといざなってくれます。
夏には関東最大級、全国的にも2番目の25000発という打ち上げ数を誇る花火大会も開催されます。関東ではなかなかお目にかかれない3尺球も打ち上げられる為、地元だけでなく遠方からもたくさんの観客が押し寄せる人気の花火大会です。3尺球とは直径90cmもあり、打ち上がると直径650mにも広がりまさに圧巻。スケールの大きさでは日本一です。
次回の開催状況については、古河市の公式サイトを是非チェックしてみてください。

茨城県古河市のふるさと納税の内容

出身地や住んでいる場所に関わらず納税し名産品のお礼までもらえてしまうふるさと納税が最近人気ですが、茨城県古河市ではどのような品をもらえるのでしょうか。
人気が高いのは、やはり常陸牛です。農林水産大臣賞など数多くの賞を受賞している常陸牛は、自家配合飼料にもこだわっている為旨みや甘みがあり、風味がとても豊かです。
ふるさと納税でもらえるのは、2万円の納税でヘルシーな赤身肉700g、3万円では極上霜降りサーロインステーキが1kgなどです。和牛を1kgなんてボリュームがあって大満足できます。納税額が全額控除されることを考えると、かなりお得で美味しい制度ですよね。
他にも古河市自慢のうなぎの蒲焼やコシヒカリ、地酒や鮒の甘露煮など、美味しいものが豊富に揃っていますので目移りしてしまいます。

スケールの大きいふるさと納税の返礼品

ふるさと納税の返礼品では地元名産の食品が定番ですが、茨城県古河市ではちょっと変わった体験ができるプランも用意されています。
おすすめは熱気球の遊覧飛行。渡良瀬遊水地の上空をゆらりとたっぷり3時間満喫できるこのプランは、富士山やスカイツリーまで遠くに望むことができ、大自然を堪能することができます。もちろんプロのパイロットが操縦するので、安心・安全ですね。こちらは12万円納税すると選べますが、一度の飛行で大人2名、子供2名まで同乗できますので、一人当たり3万円程度で楽しむことができるんです。
また、とても変わった返礼品もあります。なんと、常陸牛1頭まるごともらえてしまうんです。有名ブランド和牛をまるまる食べることができるなんて、夢のようなプランですね。精肉にすると250kgにもなりますので、ふるさと納税の中でもかなりスケールの大きい返礼品といえます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう