ふるさと納税はスピード勝負!還元率を高める心構えとは

ふるさと納税はマスメディアが取り上げるようになり始めてから急速に普及し、各自治体の寄付金獲得合戦も加速していきました。人気がある自治体の人気返礼品は、周知されると、数ヶ月以内に無くなることも珍しくありません。そこで今回は、ふるさと納税の還元率を高める為の心構えについてお伝えします。

-AD-

ふるさと納税は自分で寄付する地方自治体を選択できる

ふるさと納税は、自分で寄付する地方自治体を選択できることに最大の魅力があります。何故なら、出身地にしか寄付できなかったら、返礼品を選ぶことはできないですよね。しかしどの自治体にも寄付できる自由があることで、自分にとって必要な返礼品を提供している自治体を選ぶことができるのです。しかしそれにより、人気自治体に関しては人気が集中し返礼品獲得の競争が起きている、という側面もあります。

ふるさと納税の控除の考え方は「住宅ローン控除」と同様

税金控除の計算といえば青色申告、白色申告など難しいイメージがあるかもしれませんが、ふるさと納税の税金控除の考え方はいたってシンプルです。構造的には「住宅ローン控除」と同じだと考えておきましょう。寄付した金額に応じて、翌年の住民税が控除されるシンプルなシステムムです。ただし必要な手続きを忘れてはいけません。稀にふるさと納税をすれば自動的に住民税が控除されると考えている人もいますが、手続きが必要です。

確定申告はしなくても、住民税控除は実現できる

自営業者やフリーランスは確定申告、会社員は「ふるさと納税ワンストップ特例制度」、もしくは「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を活用しましょう。2015年以前は会社員も確定申告が必要で、それが手間になって敬遠する人も多かったのですが、2015年4月以降、そういった煩わしさは解消されています。前述した「ふるさと納税ワンストップ特例制度」は寄付した自治体からの書類は居住している自治体に提出するだけ、とかなりシンプルな手続きで申請できるようになっています。寄付する自治体の数は5つまでという制限がありますが、会社員の場合はこの制度を積極的に活用しましょう。

ふるさと納税の還元率を高める為に必要な4つの心構えとは?

ふるさと納税の還元率を高める為には、ただやみくもに寄付をすればいいわけではありません。前述したように、人気の返礼品は競争率が高くなっているので、還元率を高める為には工夫が必要なのです。そこ次に、ふるさと納税の還元率を高める為に必要な4つの心構えを紹介します。

1.人気の返礼品は前年度からチェックすること

人気の返礼品は、その情報が公開されてからチェックすれば、手遅れになることが少なくありません。その為還元率を高める為には、前年度から返礼品をチェックしておくことが大切です。来年度からふるさと納税を活用したい場合は、今年度中から人気の返礼品をしっかりとマークして起きましょう。

2.申し込み方法はしっかりと調べておこう

還元率の高い返礼品を受け取る為には、寄付の申込をスムーズに実施することが欠かせません。したがって、ふるさと納税の申込方法は事前に調べておきましょう。各自治体によって受け付け方法は微妙に異なる場合があるので、そういったところまで確認しておくことが大切です。

3.12月までにふるさと納税は対応しよう

12月になると、税金について考える人が増えるので、駆け込みでふるさと納税に寄付する人が多くなります。そうなるとお得な返礼品からどんどん品切れになっていく傾向があるので、ふるさと納税を活用する際は、できるだけ12月より前に寄付しておきましょう。そうすることで、還元率高めの返礼品を受け取ることができるのです。

4.ポイント制度を導入している自治体も存在する

ふるさと納税制度で寄付を募集している自治体の中には、ポイント制度を導入しているところもあります。そういった自治体はカタログを活用して、より自由に寄付した人が返礼品を選べるようになっています。そして実際に長崎県平戸市はポイント制度を導入していますが、全国的に見ても高い人気を獲得しています。こういった珍しい返礼品を提供しているところも還元率を高める為にはチェックしておくことが欠かせません。

まとめ

ここまでふるさと納税の還元率を高める心構えについて紹介しましたが、いかがでしたか。ふるさと納税の還元率を高める為には、寄付する自治体とタイミングを見極めることが欠かせません。またふるさと納税は還元率が高い返礼品を選べなかったとしても節税などのメリットが無くなることはありません。お得に節約したい場合は積極的に、ふるさと納税を活用していきましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう