ふるさと納税でパソコンがくる?還元率の高い返礼品の見極め方

ふるさと納税、実は意外とパソコンなど電化製品を返礼品としているところは少なくありません。還元率を計算する際、地域の特産品だとその価格を調べるのが難しいですが、パソコンであれば型番さえ分かれば金額が調べられるので、どの程度の還元率になるのかは、分かりやすいのです。そこで今回はふるさと納税で還元率の高い品礼品の見極め方を紹介します!

-AD-

パソコンはどのくらいの金額の寄付に対する返礼品なのか

ふるさと納税は2,000円以上から可能ですが、返礼品が送られるのは、ほとんどが5,000円以上寄付をした場合です。そして一般的に寄付しやすい金額は5,000円~10,000円といえるでしょう。しかしながら、その程度の金額でパソコンが提供されることはほとんどありません。少なくとも10,000万円以上の寄付が必要になります。

返礼品として人気の食材にはデメリットも存在する

ふるさと納税で還元率が高いのは、日々の生活にとって欠かせない食材ではないかと考えるもいるかもしれません。確かに食材を返礼品として受け取れば、食費は抑えられるかもしれません。しかし返礼品としての食材は段ボールに入って大量に送られてくることが少なくありません。そうなると食材を腐らせて、廃棄に困るケースも少なくないのです。食材を腐らせてしまったら、いくら還元率が高かったとしても意味がないですよいね。そういった意味では長く使い続けられるパソコンの方が、金額以外の部分も含まれて還元率が高いといえるかもしれません。

人気があるパソコンやタブレットは瞬間で品切れになる可能性も

パソコンやタブレットは腐らせる心配がありません。また長く使い続けられるので、還元率は高いといえるでしょう。しかしこのような考えで、返礼品としてパソコンを選ぶ人は少なくありません。その結果として返礼品の競争率が高くなっている傾向があります。過去に人気タブレットを返礼日として準備した自治体では、申し込み可能にした直後、数十分も経過しない魔に品切れとなったのです。

ふるさと納税でパソコンが欲しい場合は寄付のタイミングが重要

食材でも人気の返礼品は早く申し込むことが欠かせません。パソコンを返礼品として受け取りたい場合も同じように、できるだけ早く寄付をしましょう。ほとんどの返礼品情報はインターネットで公開されます。その為、パソコンを確実に狙いたい場合は、あらかじめ過去にパソコンを提供した実績がある自治体をマークしておくことも欠かせません。

還元率が高い返礼品はパソコンだけではない

パソコンは前述したように、長く利用できることからも複合的に考えても、還元率は高いと考えられます。長野県飯山市で返礼品として提供されていたマウスコンピューターは、その金額を通販サイトなどで予想すれば約80,000円です。それが100,000円以上の寄付で提供されていたわけですから、金額のみで考えると還元率は約80%です。しかも、年収が1,000万円以上あり、単身であればその10,000万円のうち98,000円は翌年の住民税から控除されるわけですから、そこまで含めて考えれば還元率は80%どころではありません。しかしこのように高い還元率を誇る返礼品はパソコンだけではありません。

寄付金以上の返礼品を送る自治体も存在する

パソコン以外にも還元率が高い返礼品は存在します。何故なら、自治体の中には、受け取っている寄付金以上の返礼品を用意しているところもあるからです。そういった返礼品には人気が集まりがちですが、それと同時に狙い目でもあるのです。

ホテルのスイートルームは還元率が測りやすい

ふるさと納税で還元率の高い返礼品を受け取りたい場合は、ホテルのスイートルームや、宿泊チケットを返礼品としている自治体をチェックしましょう。ホテルの宿泊料は比較的調べやすいでの、どの程度の還元率なのか計算が簡単です。また宿泊になるとペアチケットになっている、もしくは豪華ランチなどがセットになっている場合があるので、旅行好きな場合はそういった返礼品もチェックしておきましょう。

還元率の高い返礼品の見極め方

還元率の返戻金を見極める最も重要なポイントは、比較検討することです。例えば10,000円で、返礼日としてミネラルウォーターを探していたとしましょう。そうなると、「地域の天然水ペットボトル2L×12本入り」などは少なくありません。しかしじっくりと探せば、その同じ寄付金で18本や、24本の返礼品もあるのです。この場合水の価値は横に置けば、明らかに本数が多い方が還元率は高くなるのです。

まとめ

ここまでふるさと納税の還元率の高い返礼品の見極め方について紹介しましたがいかがでしたか。返礼品はどの自治体も地域の特徴を活かした素晴らしいものを用意しています。しかしそれが必要かどうかは、自分にしか判断できません。ふるさと納税で返礼品を選ぶ際は、還元率の高さだけを基準にするのではなく、自分にとって必要なものを選んでいきましょう。

パソコンはどのくらいの金額の寄付に対する返礼品なのか

ふるさと納税は2,000円以上から可能ですが、返礼品が送られるのは、ほとんどが5,000円以上寄付をした場合です。そして一般的に寄付しやすい金額は5,000円~10,000円といえるでしょう。しかしながら、その程度の金額でパソコンが提供されることはほとんどありません。少なくとも10,000万円以上の寄付が必要になります。

返礼品として人気の食材にはデメリットも存在する

ふるさと納税で還元率が高いのは、日々の生活にとって欠かせない食材ではないかと考えるもいるかもしれません。確かに食材を返礼品として受け取れば、食費は抑えられるかもしれません。しかし返礼品としての食材は段ボールに入って大量に送られてくることが少なくありません。そうなると食材を腐らせて、廃棄に困るケースも少なくないのです。食材を腐らせてしまったら、いくら還元率が高かったとしても意味がないですよいね。そういった意味では長く使い続けられるパソコンの方が、金額以外の部分も含まれて還元率が高いといえるかもしれません。

人気があるパソコンやタブレットは瞬間で品切れになる可能性も

パソコンやタブレットは腐らせる心配がありません。また長く使い続けられるので、還元率は高いといえるでしょう。しかしこのような考えで、返礼品としてパソコンを選ぶ人は少なくありません。その結果として返礼品の競争率が高くなっている傾向があります。過去に人気タブレットを返礼日として準備した自治体では、申し込み可能にした直後、数十分も経過しない魔に品切れとなったのです。

ふるさと納税でパソコンが欲しい場合は寄付のタイミングが重要

食材でも人気の返礼品は早く申し込むことが欠かせません。パソコンを返礼品として受け取りたい場合も同じように、できるだけ早く寄付をしましょう。ほとんどの返礼品情報はインターネットで公開されます。その為、パソコンを確実に狙いたい場合は、あらかじめ過去にパソコンを提供した実績がある自治体をマークしておくことも欠かせません。

還元率が高い返礼品はパソコンだけではない

パソコンは前述したように、長く利用できることからも複合的に考えても、還元率は高いと考えられます。長野県飯山市で返礼品として提供されていたマウスコンピューターは、その金額を通販サイトなどで予想すれば約80,000円です。それが100,000円以上の寄付で提供されていたわけですから、金額のみで考えると還元率は約80%です。しかも、年収が1,000万円以上あり、単身であればその10,000万円のうち98,000円は翌年の住民税から控除されるわけですから、そこまで含めて考えれば還元率は80%どころではありません。しかしこのように高い還元率を誇る返礼品はパソコンだけではありません。

寄付金以上の返礼品を送る自治体も存在する

パソコン以外にも還元率が高い返礼品は存在します。何故なら、自治体の中には、受け取っている寄付金以上の返礼品を用意しているところもあるからです。そういった返礼品には人気が集まりがちですが、それと同時に狙い目でもあるのです。

ホテルのスイートルームは還元率が測りやすい

ふるさと納税で還元率の高い返礼品を受け取りたい場合は、ホテルのスイートルームや、宿泊チケットを返礼品としている自治体をチェックしましょう。ホテルの宿泊料は比較的調べやすいでの、どの程度の還元率なのか計算が簡単です。また宿泊になるとペアチケットになっている、もしくは豪華ランチなどがセットになっている場合があるので、旅行好きな場合はそういった返礼品もチェックしておきましょう。

還元率の高い返礼品の見極め方

還元率の返戻金を見極める最も重要なポイントは、比較検討することです。例えば10,000円で、返礼日としてミネラルウォーターを探していたとしましょう。そうなると、「地域の天然水ペットボトル2L×12本入り」などは少なくありません。しかしじっくりと探せば、その同じ寄付金で18本や、24本の返礼品もあるのです。この場合水の価値は横に置けば、明らかに本数が多い方が還元率は高くなるのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう