どの地域も同じではない?ふるさと納税で還元率を高めるコツ

ふるさと納税はどの地域に寄付をしても同じ還元率の返礼品が受け取れるわけではなく、還元率の高さは自治体により差があります。同じ10,000円の寄付でも色々な食材が詰まった箱が送られてくる場合と、一種類だけの果物が少数送られてくる場合があります。ではどの自治体へのふるさと納税の寄付が、高い還元率を見込めるのか?ふるさと納税で還元率を高めるコツを詳しく紹介!

-AD-

ふるさと納税の持つうれしいメリットとは

ふるさと納税は多くの人が活用しているわけですが、それには理由があります。活用するメリットが大きいからです。ではふるさと納税にはどのようなメリットがあるのでしょうか。それは次の二つです。

  • 節税のメリット
  • 返礼品を受け取れるメリット

そしてこのメリットのうち、返礼品の選び方を慎重にすれば、高い還元率でふるさと納税が活用できるのです。

ふるさと納税をする前に年収について考えよう

ふるさと納税をする前に考えるべきことがあります。それは現在の年収です。ふるさと納税で控除される税金は、限度額が決まっています。しかしそれは一律ではなく、年間の所得額によって左右されます。したがってふるさと納税を活用する際は、年収から控除される限度額を見極めることが欠かせません。そしてその限度額を最大限活用した方が、還元率高くふるさと納税を活用できるのです。

ふるさと納税の寄付金は2,000円以上から設定できる

ふるさと納税は、何も高額である必要はありません。もちろん前述したように、控除の限度額まで寄付金を定めた方がメリットは大きいですが、そうしなければならない理由はないのです。したがって、数千円程度を純粋に寄付したいと思った場合は、2,000円以上を基準に考えましょう。ふるさと納税はほとんどの自治体が2,000円から受け付けています。ただし返礼品は5,000円以上の寄付からとされている自治体が多いので、少額の寄付をするとしても、5,000円以上にした方がメリットは大きいと言えるでしょう。

会社員は「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を活用しよう

2014年度までは、会社員が税金の控除を受ける為には確定申告が必要だったのですが、2015年度よりその必要がなくなるシステムができています。会社員として、ふるさと納税を活用する際は、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を活用しましょう。この書類を寄付先の自治体から取り寄せて送付すれば、確定申告をしなくても、住民税控除の手続きができます。

ふるさと納税で還元率を高める3つのコツ

ふるさと納税の本質は寄付ですが、同じ寄付でもお得にできるのが、ふるさと納税の最大の魅力です。しかしそのメリットを最大限に受け取る為には自分で調べることなど様々なことに意識を向ける必要があります。そこで次に、ふるさと納税で還元率を高めるコツを3つ提示します。

1. 返礼品の内容をじっくりと吟味しよう

ふるさと納税の還元率を高める為には返礼品を見極めることが欠かせません。できるだけ色んな自治体の返礼品を比較検討して見極めましょう。同じ10,000円でも受け取れる返礼品は自治体で大きく異なります。最初はめんどくさがらずに、いくつかの自治体を調べることから始めましょう。

2. 食材を頼む際は腐らせない量かどうかをチェックしよう

ふるさと納税の還元率を考える際は、ただ食材の量が多ければいいわけではありません。食材のボリュームが大きければ一時的には嬉しい気持ちになるかもしれません。しかし家族の人数が少ない、もしくは一人暮らしの場合はその食材を腐らせてしまうケースも少なくないのです。したがって、食材を選ぶ際は食べきれる量かどうかを見極めて、注意することが大切です。

3.「詰合せセット」はお得な可能性が高い

家族の人数が多く、とにかく食材が多く必要な場合は各自治体が用意している「詰合せセット」を狙いましょう。「詰合せセット」を用意している自治体は少数ですが、ほとんどの場合は高い人気を誇っています。何故なら「詰合せセット」は基本的に還元率が高いからです。「詰合せ」なので、その内容の詳細は届いてみなければ分かりませんが、ほとんどの場合は旬の食材が含まれています。「詰合せセット」なら内容も量も両方、満足できる可能性が高いといえるでしょう。

まとめ

ここまでふるさと納税で還元率を高めるコツについて紹介しましたが、いかがでしたか。どんな返礼品を受け取るにしても、最も大切なことは、今の自分にとって必要な返礼品を選ぶことです。例えば「食材」も、淡路島など、食文化が豊かなエリアに住んでいれば取り寄せる必要もない可能性がありますよね。ふるさと納税で返礼品を選ぶ際は、自分にとって必要なものを見極めてから取り組みましょう。

ふるさと納税の持つうれしいメリットとは

ふるさと納税は多くの人が活用しているわけですが、それには理由があります。活用するメリットが大きいからです。ではふるさと納税にはどのようなメリットがあるのでしょうか。それは次の二つです。

  • 節税のメリット
  • 返礼品を受け取れるメリット

そしてこのメリットのうち、返礼品の選び方を慎重にすれば、高い還元率でふるさと納税が活用できるのです。

ふるさと納税をする前に年収について考えよう

ふるさと納税をする前に考えるべきことがあります。それは現在の年収です。ふるさと納税で控除される税金は、限度額が決まっています。しかしそれは一律ではなく、年間の所得額によって左右されます。したがってふるさと納税を活用する際は、年収から控除される限度額を見極めることが欠かせません。そしてその限度額を最大限活用した方が、還元率高くふるさと納税を活用できるのです。

ふるさと納税の寄付金は2,000円以上から設定できる

ふるさと納税は、何も高額である必要はありません。もちろん前述したように、控除の限度額まで寄付金を定めた方がメリットは大きいですが、そうしなければならない理由はないのです。したがって、数千円程度を純粋に寄付したいと思った場合は、2,000円以上を基準に考えましょう。ふるさと納税はほとんどの自治体が2,000円から受け付けています。ただし返礼品は5,000円以上の寄付からとされている自治体が多いので、少額の寄付をするとしても、5,000円以上にした方がメリットは大きいと言えるでしょう。

会社員は「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を活用しよう

2014年度までは、会社員が税金の控除を受ける為には確定申告が必要だったのですが、2015年度よりその必要がなくなるシステムができています。会社員として、ふるさと納税を活用する際は、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を活用しましょう。この書類を寄付先の自治体から取り寄せて送付すれば、確定申告をしなくても、住民税控除の手続きができます。

ふるさと納税で還元率を高める3つのコツ

ふるさと納税の本質は寄付ですが、同じ寄付でもお得にできるのが、ふるさと納税の最大の魅力です。しかしそのメリットを最大限に受け取る為には自分で調べることなど様々なことに意識を向ける必要があります。そこで次に、ふるさと納税で還元率を高めるコツを3つ提示します。

1. 返礼品の内容をじっくりと吟味しよう

ふるさと納税の還元率を高める為には返礼品を見極めることが欠かせません。できるだけ色んな自治体の返礼品を比較検討して見極めましょう。同じ10,000円でも受け取れる返礼品は自治体で大きく異なります。最初はめんどくさがらずに、いくつかの自治体を調べることから始めましょう。

2. 食材を頼む際は腐らせない量かどうかをチェックしよう

ふるさと納税の還元率を考える際は、ただ食材の量が多ければいいわけではありません。食材のボリュームが大きければ一時的には嬉しい気持ちになるかもしれません。しかし家族の人数が少ない、もしくは一人暮らしの場合はその食材を腐らせてしまうケースも少なくないのです。したがって、食材を選ぶ際は食べきれる量かどうかを見極めて、注意することが大切です。

3.「詰合せセット」はお得な可能性が高い

家族の人数が多く、とにかく食材が多く必要な場合は各自治体が用意している「詰合せセット」を狙いましょう。「詰合せセット」を用意している自治体は少数ですが、ほとんどの場合は高い人気を誇っています。何故なら「詰合せセット」は基本的に還元率が高いからです。「詰合せ」なので、その内容の詳細は届いてみなければ分かりませんが、ほとんどの場合は旬の食材が含まれています。「詰合せセット」なら内容も量も両方、満足できる可能性が高いといえるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう