ふるさと納税で和歌山県紀の川市を応援

和歌山県紀の川市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

和歌山県紀の川市の概要

和歌山県内のふるさと納税に参加する紀の川市は、紀伊山地や和泉山脈などの豊かな緑に囲まれ、自然との調和が見事な都市景観を作っている地域です。雄大な紀の川が市内を流れ、水辺の自然環境も豊かな都市です。山に囲まれた地域ですが、道路網も充実していますから、和歌山県内の観光地としても人気があります。様々な産業のバランスが良い都市ですが、果樹栽培が特に盛んな地域となっています。ふるさと納税のお礼品についても、地元の名産品を数多く用意することで、紀の川市の魅力を伝えています。ふるさと納税の機会を利用して紀の川市を応援することは、伝統的な産業を保護するためにも役立ちます。和歌山県の山間部では過疎化も問題になっていることから、ふるさと納税に関する期待度は紀の川市でも大きくなっています。

特産の梅を使ったお礼品

和歌山県は日本一の梅の産地ですので、紀の川市の名産品としても重要な役割を担っています。お礼品にも梅の加工食品やお菓子が多くなっていますから、郷土の食文化に興味がある人にもおすすめできます。この地域の梅が美味しいのは、紀伊山地などの急峻な山々に囲まれている影響で、寒暖差が激しい状態になるためです。寒暖差があることで、果物の糖度は増して、完熟したときには甘い芳香を発するようになるわけです。お礼品の中に含まれる梅酒は、豊かな甘味に加えて芳香が素晴らしく、口当たりの良さも含めて最高の品質になっています。本場の梅の味を家庭で手軽に味わってみたいときには、ふるさと納税を利用すれば、地域の支援をしながら梅の美味しさも堪能できるのです。実際に試してみれば、季節ごとに利用したくなるだけの魅力も実感できます。

夏から秋にかけては桃や柿のお礼品を選べる

紀の川市のふるさと納税では、時期が変われば桃や柿を同時に選べます。四季を通じて違った果物を栽培しているため、どの季節で利用しても期待を裏切ることがありません。桃は夏の時期を中心にして収穫されますが、全国有数の大産地となっているために、品種も非常に多くなっています。とろけるような甘さとジューシーな果汁が魅力の種類には、川中島や白鳳などの品種があります。紀の川市で生産されている柿については、秋を代表する味覚の一つとしても有名です。他の果物と同じように、寒暖差のある気候によって糖度が高くなりますが、優しい風味も同時に魅力的です。お菓子の材料として使われるものでは「ゆず巻き柿」も有名ですから、お礼品の中にも加えられています。さらに、昔ながらの干し柿もお礼品に含まれていますから、選択肢は豊富になっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう