和歌山県伊都郡かつらぎ町の紹介とふるさと納税

和歌山県かつらぎ町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

和歌山県伊都郡かつらぎ町の紹介

和歌山県伊都郡かつらぎ町は和歌山県北部に位置し、紀伊半島内陸部位置する南北に細長い町です。紀伊山地と和泉山脈に挟まれた独特の地形から一年を通じて寒暖の差が大きく、夏は40℃を越えたこともあります。
かつらぎ町は寒暖の差を利用した果物栽培が盛んで、「フルーツ王国」として有名な町です。
ふるさと納税の特典品にもいろいろな果物が利用されていて、高い人気を集めています。
かつらぎ町のふるさと納税は希望する特典を選んでから申込を行います。新鮮なフルーツは募集時期が限定されますし、多数の応募者が集まって品切れになることもあります。果物は収穫期の3~4ヶ月前になると募集が始まります。そのため希望する品物の出荷時期を覚えておくようにして、時期が近づいたらこまめに出品状況をチェックするようにしましょう。

ふるさと納税で新鮮なフルーツを貰うコツ

かつらぎ町のふるさと納税の特典品で一番のおすすめは、新鮮なフルーツです。
ふるさと納税の特典品として出品される果物は、桃(白桃、黄桃)、ブドウ(ピオーネ)、梨(豊水・秋月等)、柿(平たねなし柿、紀の川柿など)、キウイフルーツ、苺、柑橘類(ミカン、オレンジ、ネーブル、不知火など)があります。他にトマトもおすすめです。ほとんどの農産物は1万円または2万円の寄付で貰えます。
新鮮な農作物は収穫時期の3~4ヶ月前から募集開始となりますが、希望者多数の場合は品切れになってしまうことがあります。お目当てのフルーツの収穫時期が近づいたら、こまめに出品状況をチェックするようにしましょう。かつらぎ町のふるさと納税はポイント制ではないので、寄付する予定の金額を決めておくようにしておきましょう。

果物や野菜の募集時期について

ジュースやお菓子などの加工品は通年申し込みができますが、新鮮な農産物は出荷時期がかなり限られます。
新鮮なフルーツや野菜を貰うために、出荷時期の大まかな目安を覚えておくと良いでしょう。
桃は7月中旬~8月中旬、ピオーネは9月中旬~下旬、梨は8月中旬~9月中旬、柿は10月~11月、キウイフルーツは11月~1月、苺は2月~3月、ミカンは12月~1月初旬、不知火(しらぬい)は2月、きよみは2月下旬~3月、高原トマトは7月中旬~8月末頃が大まかな目安となります。出荷時期になると品切れになってしまう場合があるので、収穫期の3ヶ月くらい前から出品状況をチェックするようにして、募集が開始したら早めに申込手続きを行うようにしましょう。
新鮮な農産物以外にも、ジュースや果実酒などの加工品もおすすめです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう