ふるさと納税を使って吉野町に寄付すると希少な特産品が貰える

奈良県吉野町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

吉野町がふるさと納税で進める事業

吉野町は奈良県中部に位置する町で、2012年に日本で最も美しい村連合に加盟しています。町には約8000人が住んでおり、高齢者が45パーセントを占めています。そのため、奈良県吉野町は総務省から過疎地域市町村に認定されています。近隣には、桜で有名な吉野山や吉野川が流れています。吉野町は桜や自然環境の保全のため、2008年からふるさと納税制度を導入しています。導入当初から400件を超える申し込みがありましたが、2015年にはその倍以上となる約3600件を超えるふるさと納税の申し込みがありました。2015年にふるさと納税で寄付された総額は、6000万円前後です。このふるさと納税という形で寄付されたお金は、基金として積み立て奈良県吉野町のために活用しています。

1万円以上の寄付貰える希少な特産品

奈良県吉野町以外に住んでいる奈良県民や県外の方は、一定額以上のふるさと納税を行うと市から感謝の気持ちとして特産品が貰えます。1万円以上の寄付で貰える特産品が、高級ハチミツや近隣で収穫したお米などの農作物、柿の葉ずしと桜そうめんの加工品、温泉入浴と食事券などです。高級ハチミツは日本国内に生息している蜜蜂を捕獲し、徹底した環境のもと採取しています。この蜂蜜は店頭に並ばない幻の蜂蜜と呼ばれています。そのほか、吉野町近隣でとれたお米は奈良県の清流を流れる綺麗な水を使っていて、炊いた後は冷めても美味しく食べられます。謝礼品としても貰える市産米は、柿の葉ずしの酢飯にも使用されています。温泉入浴と食事券がついたプランは、ペアで利用できます。温泉の最大の特徴は、大自然に囲まれた露天風呂です。夜は条件が良いと満天の星空を眺めながら、入浴できます。

ゴルフ場利用券や吉野山の豪華宿泊券

5万円以上10万円未満の寄付をした方には、さらにグレードアップした豪華感謝品が贈られます。その内容はゴルフ場の利用券や吉野山にある旅館の宿泊券、吉野山で飼育された豚のハムセットがあります。ゴルフ場利用券は、平日や土日祝日で使用できます。さらにキャディさんが同行してくれるプランなので、重いゴルフバッグを背負う必要がありません。吉野山の旅館宿泊券は、山の緑あふれる自然の中にあり、山の自然と温泉が堪能できます。春は桜や新緑が見られ、秋は綺麗に色づいた紅葉が楽しめ、年中訪れる価値があります。吉野山で飼育されている豚は、奈良県のブランド豚です。このハムは、岩塩とオリジナルの調味料を使って味付けされています。届ける際は高品質維持冷凍と高い冷凍技術を用いるため、家庭で作りたての味を楽します。

この記事が気に入ったらいいね!しよう