ふるさと納税で寄付すると貰える御杖村の特産品

奈良県御杖村のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

御杖村の概要とふるさと納税の使い道

御杖村は奈良県の最東部に位置しており、村の面積が79.58平方キロメートルの市町村です。隣接する自治体は、三重県の県庁所在地の津市や松阪市があります。村の人口は1970年に3852人を記録して以降は減少し続けていて、2016年現在は約1800人しかいません。人口の著しい減少と50パーセントを超える高齢者率が問題に挙がり、総務省から過疎地域市町村に指定されています。奈良県御杖村は心安らぎ住みやすい町を目指すため、2008年からふるさと納税制度を導入しています。2008年と2009年のふるさと納税申込数は0件でしたが、2011年以降は毎年100万円を超えるふるさと納税がされています。ふるさと納税で個人と法人様から寄付されたお金は、森林に囲まれた美しい村作りを推進する事業などで有効活用されています。

地元産のお米や漬物詰め合わせセット

ふるさと納税を使って奈良県御杖村を支援した方々は、御杖村から心ばかりのお礼として村の特産品が進呈されます。こういった謝礼品を貰えるのは、村外で住民登録している個人の方で1万円以上の額をふるさと納税した場合に限ります。最低1万円以上で貰える謝礼品は、奈良県御杖村で栽培しているお米や漬物詰め合わせセット、コーヒーギフトセットなどが支援者から好評のある品です。御杖村産のお米は、三峰山から流れてくる綺麗な水で栽培されているお米です。新米は村で検査した後、問題が無ければ10月中旬頃に発送されます。漬物詰め合わせセットは、酵素肥料を使用して育てた野菜を、村の井戸水で洗って天日干しして天然塩で作られた漬物です。コーヒーギフトは、御杖村ブランドとして村民から愛されるコーヒー豆が貰えます。コーヒー豆は無農薬で有機栽培されています。

鹿をイメージした工芸品

1万円以上のふるさと納税で貰えるのは、飲食類だけでなく工芸品の申し込みも出来ます。2万円以上だと、お米12kg分のお米が年数回送られてきます。貰える工芸品というのは、鹿の子紋小皿5枚セットです。色はブラウンとブラックがあり、奈良県のキャラクターである鹿の模様をイメージした小皿です。1枚1枚ハンドメイドで作られていて、どの小皿も微妙に違っています。ブラックは長めの小皿なので、色々な料理や置物に対応しています。2万円以上で貰えるお米は、奈良県御杖村の3姉妹も好きなお米です。地元の近隣を流れる川の綺麗な水と空気の中で栽培されています。このお米は、可能な限り減農薬栽培を心がけていて生産者が一生懸命育てているので、安心安全に食べられます。2万円だと年2回発送されますが、10万円以上の額をふるさと納税すると年6回発送されます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう