独特のふるさと納税を実施している高島市の魅力

滋賀県高島市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

高島市のふるさと納税の現況

高島市は滋賀県の琵琶湖の北西に位置する自治体で、人口約5万人で高齢化率が30.6%、子供の割合が16.7%の高齢化が進んでいます。また市内には過疎が進んでいる地域も見られ、また歳入に占める地方交付税の割合も41.9%と全国平均より高いです。
高島市のふるさと納税の過去5年間の寄附件数・金額の推移は、2011年が96件で9,710,000円、2012年が138件で8,142,000円、2013年が476件で24,121,712円、2014年が653件で17,515,000円、2015年が6,248件で271,042,500円と推移しています。2015年が増加したのは、ふるさと納税の充実化が図られたためで、さらなるふるさと納税の充実化が必要となる自治体となります。

高島市のふるさと納税の返礼品の貰い方

滋賀県の高島市のふるさと納税では、寄附金額に応じてポイントが貰える制度を採用しています。市外に住んでいる方を対象となり、10,000円以上から始められ1,000円毎に1,000ポイント貰えるシステムになっています。
商品を選択する上では金額に応じた商品が揃っているカタログギフトが貰えるため、その中から選択することが可能です。ポイントは寄附してから1年間有効となるため、その間にポイントを使い切る形で返礼品を貰うと良いです。
年に何度でも寄附することでポイントが進呈され、そのポイントが上積みされる為、高額な商品を返礼品として狙うこともでき多彩な特産品も揃っているため、滋賀県でもふるさと納税では人気の自治体の一つになっています。寄附金の使い道も11の事業から選択を行うことが可能です。

高島市の多彩なふるさと納税返礼品の種類

高島市は滋賀県でも琵琶湖湖畔、山岳地帯、実り豊かな平野部を抱え、そういった自然環境から生産された豊富な特産品が揃っています。まず滋賀県は近江牛として全国的に有名でそれが特産品として登場し、琵琶湖で獲れた鮒・鮎などを使った料理なども見られます。
なお近江牛はサーロインステーキ、しゃぶしゃぶ・すき焼き用が揃う逸品で、高島市の中でも最も人気が高い返礼品の一つになっています。他には清流に棲む鮎、果物の王様であるメロン、地酒なども揃っています。
高島市の伝統工芸については高島ちぢみが有名で、それを使ったショール、ストールも返礼品にあります。また琵琶湖の真ん中にある竹生島のホテルの宿泊券、農園の農作業体験ができるチケットなども存在し、ユニークな返礼品が揃っているのも魅力です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう