滋賀県近江八幡市の紹介とふるさと納税

滋賀県近江八幡市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

滋賀県近江八幡市の紹介とふるさと納税

滋賀県近江八幡市は琵琶湖東岸に位置する市で、近江商人や安土城が有名です。
市内には安土城や昔ながらの街並みなどの観光スポットがあります。近江八幡市の特産品は近江牛や近江米、でっち羊羹、赤こんにゃくなどがあります。京都の三条寺町にある、すき焼専門店「三嶋亭」で使用されている牛肉も極上近江牛が使われています。
伝統工芸品では八幡靴(革靴)、木珠などがあります。
近江八幡市のふるさと納税でも、近江牛をはじめとする特産品や、オーダー靴(八幡靴)などが利用されています。
当市のふるさと納税は還元率の高い返礼品や、節税に利用しやすい魅力的なポイント制度が人気を集めています。2015年度におけるふるさと納税で近江八幡市への寄付額は7億円を超えていて、上位にランキングされています。

近江八幡市のふるさと納税のポイント制度

滋賀県近江八幡市のふるさと納税はポイント制度が採用されていて、2円ごとに1ポイントが付与(最低6千円、3000ポイント)され、2千円刻み(1000ポイント)で自由にポイントを獲得することができます。ポイントを使って、好きな特典と交換ができるシステムです。
貯めたポイントの有効期限は1年ですが、有効期限内に追加で寄付を行ってポイントを獲得すれば、それまで保有していたポイントも一緒に再び1年間保有し続けることができます。このため、ポイントの有効期限は「最後にポイントが付与されてから1年間」なのです。1年に6千円ずつ寄付を行えば、実質的に何年でもポイントを保有し続けることができるのです。交換できる特典は食品以外にも寝具や旅行クーポンなど多岐に及びます。
退職金などをポイントに替えておき、以後少しずつ特典と交換することでかなりの節税効果が期待できます。

近江八幡市の目玉商品

近江八幡市にふるさと納税をして貰える特典で人気が高いのは近江牛と近江米です。近江米は最低5千円分の寄付で交換ができます。
近江牛はすき焼用や焼き肉用のお肉が人気を集めていますが、一番のおすすめは1万円または3万円分の寄付で貰える近江牛の「牛肉味噌漬け」です。「牛肉味噌漬け」は厳選された近江牛肉を京都老舗の白味噌に漬け込み、牛肉の旨味をさらに味わい深く熟成させた保存食で、かつて徳川将軍家に献上されていた郷土料理です。味噌を取り除いてから網などで軽く焼くと柔らかくて深みのある近江牛の味わいが楽しめます。
食品以外の特典では、八幡靴のオーダー靴がおすすめです。専用キットを使って足のサイズを測定し、測定値を送ればぴったり足に合ったオリジナルの高級革靴を作ってくれます。オーダー靴は人気が高いので、すぐに品切れになってしまうほどです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう