佐用町のふるさと納税を知りましょう

兵庫県佐用町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

ひとづくり事業を知っていますか?

兵庫県佐用町ではふるさと納税として寄付されたお金を利用してひとづくり事業と言われる事業を行います。こちらの事業では学校や保育園などの児童福祉施設や学校関連などの児童関係の設備を充実させるために利用します。学校に文庫本を提供したり、保育園などに数多くの絵本などを提供しています。学校や保育園などの耐震化の工事などもこちらの事業から拠出します。青少年の健全育成に関する事業も行っており、兵庫県警などと連携して非行防止活動もこちらの事業から資金が拠出されています。兵庫県佐用町ではふるさと納税を使った事業の中で一番力を入れているのはこちらの事業になります。ふるさと納税で行われる事業の半分近いお金がこちらの事業に利用されているのが佐用町の現状になりますよ。

まちづくり事業もしています。

兵庫県佐用町ではいきいきと暮らせるふるさとにをキャッチフレーズとしてまちづくり事業を展開しています。こちらの事業では福祉や医療などの充実や観光振興や雇用対策を行っています。佐用町が出資している総合病院があり、そちらで勤務している医師に対する手当を拠出したり、医療器具を揃えたりしています。病院だけでなく高齢者施設や障害福祉サービスなどの福祉関係の整備で利用されています。そのため佐用町は高齢者や障害者にも住みやすい地域です。雇用対策もこちらの事業で行っており、佐用町内で新しく企業を起こす場合にはきちんとした手続きを経たら補助金が拠出される仕組みとなっています。そのため兵庫県の中でも比較的新しい企業が多い地域として地元で知られている地域でもあります。ふるさと納税のお金からこのような事業も行われています。

自然環境づくり事業もしていますよ

佐用町では自然環境づくり事業を行っています。こちらの事業のキャッチフレーズでふるさと景観や歴史を伝えるとなっており、自然環境だけでなく歴史的な史跡などの保護もこちらの事業で行っています。町内には全国的にも清流として知られている千種川が流れており、こちらの事業がお金が拠出されています。その効果もあり、昔ながらの綺麗な状態を維持されています。
町内には国宝級の文化財が数多く大切に保管されています。万が一破損している場合にはこちらの事業から資金が拠出されます。
その他では町内の至る場所にひまわりやパンジーなどの綺麗な花々が植えられています。そのため、兵庫県の中でもかなり歴史がある綺麗な町として知られています。佐用町ではふるさと納税のお金でこのような事業も行われています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう