田尻町にふるさと納税を行うと

大阪府田尻町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

大阪府の田尻町のもう1つの顔

大阪府の田尻町は泉南地区にある町で、農業と漁業が盛んで農業分野では玉ねぎと水ナスの栽培をメインに行われています。玉ねぎに関しては「泉州タマネギ」と呼ばれており、日本で最も早期に栽培が開始されました。なお、玉ねぎと水茄子はふるさと納税のカタログに載ってません。次に町内にある田尻漁港にて魚の取引が行われています。町内の一部は関西国際空港があるため税収の半分以上が空港関係になってます。空港からの税収があるため地方交付税の交付を受けていないのも特徴です。このため関西国際空港に関係した物がふるさと納税の寄付にて受け取ることができます。田尻町は国内の市町村では面積が小さい方になります。田尻町は小さい面積ながら多彩な産業が発達しているのが特徴になります。

田尻町のふるさと納税で受け取れる商品

先ほども書きましたが、田尻町の中心部に大阪府の空の玄関の1つ関西国際空港があります。このため、ふるさと納税を行うと空港内でも保安地区になる場所に入れる特典と機内食が食べられるセットが、複数パターン存在します。保安地区は一般の方は立入り禁止の区域なので、飛行機が好きな方に喜ばれる内容になります。保安地区に入場の際はガイドが案内して貰えるので安心してください。もちろん空港グッズも商品に入っています。ふるさと納税で受け取れる商品の半分以上は関西国際空港にちなんだものとなってます。関西国際空港の入口は1つしかありませんが、空港の入口と滑走路部分では警察の管轄が異なります。関西国際空港駅も田尻町にありますが、飛地にあるため他の市町を経由しないと本土の役場には行けません。

ふるさと納税で受け取れる他の商品

田尻町には漁港があり、ふるさと納税で漁港で使える商品券が貰えます。日曜日に行われる朝市や釣堀などの他に海上バーベキューや漁港内のテナントで使用できる呼び込み型のふるさと納税となっています。お菓子は、満月を意識した物があります。このお菓子は白餡に上質バターと練乳が入っているので、たっぷりとした味わいとなっていてお菓子の最高金賞を何度も受賞した西洋菓子となっています。田尻町は面積こそ小さい町ですが産業が発達していて、ふるさと納税されると関西国際空港の隅々まで見る特典があります。大阪府では田園風景が落ち着いた景色なので、旅行帰りに少し寄ることも出来ます。はるか向こうに離着陸する飛行機も面白いです。本土の漁港では釣り体験も出来るので遊びに来られるのも楽しい場所です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう