関空を足掛かりに発展する泉佐野市のふるさと納税

大阪府泉佐野市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

苦難の道を歩んだ大阪府泉佐野市

大阪府泉佐野市は大阪府の南部にあり、北には大阪湾が開け、南は和歌山県と隣接する地域です。この前に広がる大阪湾に関西国際空港があります。関空からの連絡橋が泉佐野市に伸びています。泉佐野市はこの関空とともに苦難の道を歩みました。1994年に関空が開港すると、市は観光客や人口増加を想定して、大規模な開発計画を推進します。しかし、見込んでいたような需要は発生せず、折からの不況の波もあって財政は極度に悪化、財政健全化団体に指定されてしまいます。その後、大幅なリストラに取り組んだ結果、2015年度になってようやく財政健全化団体の指定が解除されました。このように大変な経験をした泉佐野市は現在では、人口の10万人で安定し、高齢化率、子どもの割合もほぼ全国平均並みと一応の平穏を取り戻しました。

大人気の泉佐野市ふるさと納税特典

泉佐野市のふるさと納税は非常に人気です。2015年度の実績で実に11億円を超えるふるさと納税寄付金が集まりました。その秘密は豊富なふるさと納税特典にあるようです。とにかく品数が多く、またどれも高品質なのです。とても全てはご紹介しきれませんので、特に人気の高いものをご紹介しましょう。まずはお肉です。地元の焼肉の老舗「はや泉州の郷」が厳選した近畿近郊のブランド牛をこれでもかと並べているのです。ちなみにこの企画、宮崎県の都城市との対決企画らしいのですが、ふるさと納税特典で対決ってどういう意味なんでしょうか。ちょっと不思議な感じですが、とにかく素晴らしい内容なのでいいでしょう。こちらの企画、嬉しい事にいろいろな部位が掲載されていますので、お好きなものを選ぶことが出来ますよ。

がん検診やお墓まであります

泉佐野市のふるさと納税特典のユニークなところは、物品だけでなく、サービスや体験などもふるさと納税特典になっているところです。一例を挙げますと、市内にあるがん専門病院でのがん検診が受けられる権利があります。この名称が面白いのですが、「肝臓がんセット」「お手軽CTセット」「膵臓がんセット」などがあるんです。別の意味でどう選んでいいか迷いますね。また、昔の面影が残る市内の下町をガイド付きで散策できるサービスもあります。日時を自分で予約指定できるのがうれしいところです。釣り好きの方には、手ぶらで釣り船で船釣りが出来るサービスもあります。こちら、1万円の寄付で頂けるそうなんですが、普通に自分で手配しても1万円以上はするでしょう。かなりお得じゃないですか。その他、びっくりするところでは市内の関西聖地霊園のお墓の永代使用権というのもあります。凄いですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう