大阪府池田市の産業とふるさと納税の返礼品の魅力

大阪府池田市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

大阪府池田市の産業と特産品とは

大阪府池田市は大阪府の北西部に位置する市で、兵庫県川西市と伊丹市に隣接しています。大阪国際空港の敷地内に兵庫県伊丹市との県境があり、管制塔とターミナルビルの一部が市内に含まれています。
市の中心部ですが、阪急池田駅を中心に市街地が広がっていて、観光名所として池田城跡や落語ミュージアム、「池田呉服座」(歌舞伎小屋)などがあります。
池田市の有名な伝統産業には日本酒があり、「呉春」や「緑一」の蔵元があります。「幻の酒米」と言われるほど栽培が難しい晩成品種の「赤磐雄町」を使い、米を半分近く削って低温発酵させて醸造して作られる「呉春 特吟」は入手が困難な“幻のお酒”です。
日清製粉の創業者である安藤百福氏の自宅も市内にあり、世界初のインスタントラーメンが生まれた地でもあります。
伝統産業以外にも、市街地の外れにはダイハツ工業の工場や、リコーの事業所などもあります。

ふるさと納税の返礼品で貰える食品

池田市にふるさと納税をすると、寄付額ごとに数々の返礼品の中から好きな物を選ぶことができます。返礼品の中で特に人気が高いのは日本酒です。
池田市のふるさと納税で返礼品が貰えるのは1万円以上を寄付した場合で、緑一が造る特別本醸造原酒(720ml三本)や、梅酒などがあります。
お酒以外にも当市はインスタントラーメン発祥の地であることにちなんで、チキンラーメンやカップヌードルの詰め合わせも選択できます。
鳥取市と姉妹提携を結んでいることから、季節限定で鳥取産の梨や苺、琵琶などの果物も選択できます。
15,000円以上寄付すると、幻の酒と言われる「呉春」特吟(1.8L)が選択できます。このお酒は希少価値が高く、一般の酒屋でも品切れになることが多いため入手そのものが非常に困難なお酒です。

ふるさと納税の返礼品で貰えるチケット類

池田市にふるさと納税を行ってもらえる返礼品には食品以外に宿泊券やゴルフ場のチケットなども選択できます。貰えるチケットの額面金額は寄付額の半額が目安です。
1万円の寄付で選択できるチケットには「がんこ 池田石橋苑」の食事券(1,000円×5枚)があります。他にも栄町商店街にある中華料理店「恵美寿」のお食事券(3名分)、「池田呉服座」の観覧チケット(2名)なども選択できます。
2万円以上の寄付で「箕面ゴルフ倶楽部」のプレーチケット(1名分)が加わります。3万円以上を寄付すると、池田市伏尾町にある温泉旅館「不死王閣」のチケットが貰えます。
30万円以上の寄付では、「池田呉服座」の観覧券ではなくて出演券が貰えます。これは、芝居の衣装を身にまとい、化粧をして舞台上で実際に芝居を演じることができるというものです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう