御浜町のふるさと納税特典は自然の恵みいっぱい

三重県御浜町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

三重県御浜町はみかんと伊勢海老の町

三重県御浜町は、三重県の南部にあり、和歌山や奈良とも近い位置にあります。北隣は世界遺産でも有名な熊野市であり、東には熊野灘が広がります。黒潮の影響から温暖な気候で、温州みかん、清見みかん、甘夏、伊予柑など様々な品種の柑橘類の栽培が盛んな「みかんの町」です。また前面に広がる熊野灘では、伊勢エビが獲れます。このように山の恵み海の恵みの両方に恵まれた自然あふれる御浜町ですが、田舎の例にもれず過疎化と少子高齢化が課題になっています。人口は少しずつ減少していますが、高齢化率が非常に高く、2015年は35%を超えています。全国平均が26%弱ですから、おおよそ10%も高いことになります。このような御浜町はふるさと納税の寄付金を「人と環境にやさしい元気な活力あるまちづくり」に活用しようと考えています。

1年中みかんがとれる町のふるさと納税

御浜町のキャッチフレーズは「年中みかんのとれるまち」。そのうたい文句のとおり、ふるさと納税の特典も柑橘類がいっぱいです。例えば1万円寄付をすると、旬のみかんを送ってくれます。なにせ年中柑橘類がとれるのですから、毎月、何かしらのみかんが旬を迎えるのです。ですから、これおいしそうと思ったみかんが出た時にふるさと納税の申請をするというのもいいかもしれませんね。また、町内の農園が加工した皮ごと丸絞りしたみかんジュースやちょっぴりすっぱいみかんジャムなど、なかなか他では味わえない希少品もラインナップされています。みかん好きにはぜひおすすめのふるさと納税です。また、寄付金額が上がっていくに伴い、みかんやジュース、加工品の送付回数が増えて行くのもうれしい仕掛けです。

海の幸や畜産品も素敵

御浜町で忘れてならないのが、伊勢海老です。目の前の熊野灘で獲れる本場の伊勢海老は、実の豪華。1万円の寄付で2尾もらえます。これが寄付金5万円だと1.8キロ、約7~10尾、10万円寄付すればその倍の3.6キロ、数にして14~20尾もやって来るんです。ただし、この特典はさすがにいくらでもあるわけではなく、数量限定になっています。三重県でも伊勢海老は希少品なんですね。その他にも海の幸として干物の詰め合わせもおすすめです。朝夕の食卓に熊野灘の魚の干物なんて、最高ですね。さらに畜産品ではボンレスハム1キロや紀和牛のサーロインステーキなどおいしそうなものがいっぱいです。お隣が紀州和歌山ということで、梅干しも用意されています。御浜町のふるさと納税は町の特徴を生かしたものづくしです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう