三重県松阪市のふるさと納税の内容

三重県松阪市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

松阪市はどんなところ

 三重県松阪市は、三重県のほぼ中央に位置し、県庁所在地の津市の隣の市です。東は伊勢湾、西は台高山脈と高見山地、北には出雲川、南には櫛田川が流れ、自然に恵まれたまちです。また、市の総面積のうち約68%は、森林が占めています。山間部では、スギやヒノキなどの木材やキノコを生産しています。
 気候は、おおむね東海型の気候に属しており、西部は寒暖の差がやや大きく内陸的な特性を持っています。全体的には、温暖な気候になっています。
 全国的に有名な特産品には、高級食材として松阪牛があります。また、当時の面影をそのまま残す御城番屋敷や、国内最大の船形埴輪など歴史ロマンにあふれ、多くの歴史街道が交差しています。国内最古の土偶が出土した、粥見井尻遺跡や国指定遺跡の天白遺跡などもあります。

 

松阪市のふるさと納税の使い道

 三重県松阪市へ寄付されたふるさと納税の使い道は、ふるさと納税をした人が選んだ事業に活用されます。ただし、寄付された時期や金額によって、翌年度以降に活用される場合もあります。
 選択され活用される事業内容の一つ目は、住民協議会活動支援です。松阪市では、地域の人々が新しいまちづくりを担う組織として、全市域に住民協議会を設立して、市民と行政が連携してまちづくりをしています。
 事業内容の二つ目は、特産品の松阪牛の振興です。松阪牛の伝統的な肥育技術を継承するために活用されます。
 事業内容の三つ目は、松阪の魅力を全国に発信し、訪れる人の心を癒すまちづくりをすることです。
 事業内容の四つ目は、文化遺産の次世代への継承です。
 そして寄付金の選択肢には、市長におまかせというものもあります。松阪市の魅力を高めて、発展させていくための様々な事業に活用されます。

松阪市のふるさと納税の内容

 三重県松阪市へふるさと納税をすると、返礼品を貰うことができます。対象になる人は、松阪市外に在住の人で、1万円以上の寄付をした個人の人になります。
 返礼品は、松阪市の特産品になります。特産品は、寄付した金額に応じた内容になります。
 1万円以上5万円未満の寄付をした人は、松阪特産品セットになります。カタログからいずれか一つを選択できます。5万円以上8万円未満の寄付をした人は、すき焼き用の松阪牛になります。8万円以上の寄付をした人は、すき焼用か焼き肉用、またはステーキ用の松阪牛を貰うことができます。すき焼き用は、数量限定になります。
 また限定150セットで、島根県浜田市との共同企画のものもあります。対象になる人は、10万円以上寄付をした人になります。他にも数量限定で特別企画のものもありました。

この記事が気に入ったらいいね!しよう