確定申告不要でお手軽になったふるさと納税、お礼の品も拡大中!

最近CMなどでよく目にするようになった「ふるさと納税」……何か豪華なお礼の品が貰えるらしいけど、そもそも「ふるさと納税」って何?どうやったらできるの?本当にお得なの?そんな疑問点について考えていきます。

-AD-

ふるさと納税とは

そもそもふるさと納税ってどういう制度なのでしょうか。字だけを見るとまるで、ふるさと(=故郷の自治体)に税金を納める制度のように見えますが、実は、法律上は「寄付」にあたります。また、寄付する先は「ふるさと」でなくても構いません。ふるさと納税とは、自分で選んだ自治体に寄付をする制度なのです。

ふるさと納税は、基本的には自治体のホームページから申込みます。自治体ごとにメールやFAX、電話等の様々な申し込み方法があります。詳しくは自治体のホームページを確認するといいでしょう。

寄付によって収入が増えるわけですから、ふるさと納税は自治体にとってはありがたい制度ですが、ふるさと納税は寄付した側にも2つの大きなメリットがあります。一つ目は、ふるさと納税を行った金額の一部が返ってくるということ、二つ目は多くの自治体が寄付金額に応じた「お礼の品」を用意しているということです。

金額の一部が返ってくるというのは、直接返金されるわけではありません。所得税や住民税からの還付や控除という形になります。「自己負担2000円!」という言葉を見たり聞いたりしたことはありませんか?これは、ふるさと納税を行った金額から、税金が還付されたり控除されたりした結果返ってくることになる金額を引くと、概ね2000円になるということを言っています。(世帯ごとの収入や寄付額によって違ってくるため、必ずしも2000円になるというわけではありません。最終的な金額は、税理士さんや税務署に相談するか、ネット上で計算できるツールを使って確認した方が良いでしょう)それに加えて、様々な地域の特産品等が「お礼の品」として手に入るのです。

申し込みやお礼の品の選択はインターネットや電話で事が足りるのですが、税金の還付や控除を受けるためには、もうひと手間、確定申告を行う必要があります。確定申告は、一般的な会社勤めの人にとっては、聞いたことはあってもあまり馴染みのない制度でしょう。難しそう、面倒くさそう、と構えてしまうかもしれませんが、会社で年末調整を行っている人なら比較的簡単に済みます。源泉徴収票やふるさと納税の証明書等の書類を添えて確定申告用の用紙に記入し、2月15日~3月15日の間に税務署に提出すれば手続きは終わります。書き方がわからなければ税務署で教えてもらうこともできます。電話をしてもいいし、直接出向いて聞いてもいいです。意外と親切に教えてくれますよ。

また、2015年4月1日に行われた税制改正により「ワンストップ特例制度」が始まり、ふるさと納税が簡単になりました。もともと確定申告が必要のない人(=年末調整をしている人)に限り、5自治体までなら確定申告を行わなくても税金の還付や控除を受けられる制度です。ただし、寄付をした自治体それぞれに「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を提出しなければなりません。6自治体以上にふるさと納税をした場合や、申請書を出し忘れた場合、また、医療費控除や住宅ローン控除等のふるさと納税以外で申告しないといけないものがある場合は確定申告が必要になりますので、注意が必要です。

税金の還付や控除もとても大きなメリットなのですが、ふるさと納税で目に見えて一番嬉しいのは、やはり各自治体からのお礼の品でしょう。お米やブランド肉、蟹等の食べ物から、施設の入場券や体験型のもの、面白いものだと一日町長体験なんていうものまであります。自己負担金額から考えるとかなりお得に感じられるものが多いのですが、これは、多くの場合、ふるさと納税を機会に地元の特産品に触れてもらって、リピーターになって欲しいという地域の願いが込められているそうです。そんな地域の人たちの気持ちも考えながら、ふるさと納税先を検討してみてはいかがでしょうか。

お礼の品で選ぶ場合に注意しなければいけないことは、お得感があって人気のあるお礼の品はすぐに受付停止になってしまうということです。後に受付が再開されても内容が変更されてしまっていることもあるようです。確定申告は、前年の1月~12月の収入に対して行いますので、12月に駆け込みで寄付する人が多いようですが、良いものを確実に得るためにも、早めにしっかりチェックしましょう。

当然ですが、自治体のホームページにはふるさと納税の情報以外にもたくさんのコンテンツがあり、ひとつひとつふるさと納税のページを探しながら見て回るのは意外と大変です。そんなときに便利なのが、ふるさと納税のポータルサイトです。ひとつのサイトで複数の自治体のお礼の品を検索して、まるでネットショッピングをするように検討することができます。最近になって、様々な会社が参入し、いくつもポータルサイトが立ち上がっています。すべての自治体が掲載されているサイトや、厳選したものを掲載しているサイト、クレジットカードで決済ができる、ポイントがたまる、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を提出してくれるサービスがある等、様々な特色があります。自身の環境や都合に合わせて、ポータルサイトから選んでみるのもいいかも知れませんね。

お礼の品でふるさと納税先を選ぶ方が大半だと思いますが、思い出の場所や故郷へ寄付をしてみるのはどうでしょうか?通常、私たちは納めている税金の使い道を自分で決めることはできません。しかし、ふるさと納税では、寄付金を何に使用するか明確にしているものもあります。「子育て支援」「奨学金」「福祉」「災害復興」……納める税金の使い道を自分で決められる唯一の機会と捉えれば、ふるさと納税をすることそのものが、特別な体験のできるいい機会になるのではないでしょうか。

ふるさと納税は「ワンストップ特例制度」でますます便利に、お得になりました。まだまだ注意点も多いですが、しっかり活用すれば自治体も納税者も嬉しい素晴らしい制度です。税制は毎年のように変わります。いつまで今の制度が維持されているかはわかりません。今からでもふるさと納税を検討してみるのはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう