ふるさと納税のお礼品に水・ミネラルウォーターを選ぶ

ふるさと納税のお礼品に水・ミネラルウォーターを選ぶ方法をご存知でしょうか?
ここではそんな水・ミネラルウォーターがもらえる自治体をご紹介いたします。

-AD-

各地の名水を楽しむことができる

ふるさと納税の返礼品の中でも一定の人気を持つのが、各地の天然水やミネラルウォーターです。水は購入する時代となって久しいのですが、ペットボトルで購入するのは重たくて面倒ですし、今はやりのウォーターサーバーの場合には、便利は良いのですがコストが掛かるという問題があります。こんな場合には、ふるさと納税の返礼品としてもらうことができます。もう、全国いたるところのものがありますので、好みのものを選ぶことができます。
お店で購入したり、ウォーターサーバーを利用している場合には節約にもなりますし、常温で長期保存することもできますので、災害対策用として保存しておくのにも適しています。1万円の寄付で、商品によりけりですが、かなりの量がもらえますので非常に助かります。

人気のミネラルウォーターは

全国各地から提供されていますが、今のところ断トツ人気なのが、茨木県石岡市の筑波の恵です。人気の秘密はその量で、500ml×72本で何と36lももらえます。石岡市といえば、酒どころとしても有名ですが、これだけの量をもらえば非常用としても利用できます。2番手には、24lの量で、いくつかの自治体が並びます。岩手県岩泉町、山形県飯豊町、長野県の信州ふるさと便、鳥取県鳥取市・米子市、鹿児島県の飲む温泉や財宝温泉などです。
このように各地のものが提供されていますので、いつものスーパーで購入する大手メーカーのものやウォーターサーバーの毎回決まったものとは異なり、なかなか行くことのできない地域のものをふるさと納税の特典としてもらい、旅行気分を楽しむというのもありです。

自治体としても有難いビジネス

ふるさと納税の特典として、ミネラルウォーターを選ぶというのは、実は、自治体としても非常にありがたい話になる可能性が大です。意外と知られてないのですが、ウォータービジネスとは、一定の条件のもと儲かりやすいビジネスなのです。水源さえ確保して設備投資をしたら、それ以降はほとんどコストのかからないビジネスだからです。これが、ふるさと納税の返礼品として大量に出ていけば、自治体としては結構おいしいビジネスとなります。
特典をいただくほうとしても、寄付しているのだからいいものよこせというよりは、このように自治体にとっても合理的なビジネスになっているということが分かるとうれしくなりますし、これこそまさしく、ふるさと納税の本来の意味が出ているのではないかと思われます。

各地の名水を楽しむことができる

ふるさと納税の返礼品の中でも一定の人気を持つのが、各地の天然水やミネラルウォーターです。水は購入する時代となって久しいのですが、ペットボトルで購入するのは重たくて面倒ですし、今はやりのウォーターサーバーの場合には、便利は良いのですがコストが掛かるという問題があります。こんな場合には、ふるさと納税の返礼品としてもらうことができます。もう、全国いたるところのものがありますので、好みのものを選ぶことができます。
お店で購入したり、ウォーターサーバーを利用している場合には節約にもなりますし、常温で長期保存することもできますので、災害対策用として保存しておくのにも適しています。1万円の寄付で、商品によりけりですが、かなりの量がもらえますので非常に助かります。

人気のミネラルウォーターは

全国各地から提供されていますが、今のところ断トツ人気なのが、茨木県石岡市の筑波の恵です。人気の秘密はその量で、500ml×72本で何と36lももらえます。石岡市といえば、酒どころとしても有名ですが、これだけの量をもらえば非常用としても利用できます。2番手には、24lの量で、いくつかの自治体が並びます。岩手県岩泉町、山形県飯豊町、長野県の信州ふるさと便、鳥取県鳥取市・米子市、鹿児島県の飲む温泉や財宝温泉などです。
このように各地のものが提供されていますので、いつものスーパーで購入する大手メーカーのものやウォーターサーバーの毎回決まったものとは異なり、なかなか行くことのできない地域のものをふるさと納税の特典としてもらい、旅行気分を楽しむというのもありです。

自治体としても有難いビジネス

ふるさと納税の特典として、ミネラルウォーターを選ぶというのは、実は、自治体としても非常にありがたい話になる可能性が大です。意外と知られてないのですが、ウォータービジネスとは、一定の条件のもと儲かりやすいビジネスなのです。水源さえ確保して設備投資をしたら、それ以降はほとんどコストのかからないビジネスだからです。これが、ふるさと納税の返礼品として大量に出ていけば、自治体としては結構おいしいビジネスとなります。
特典をいただくほうとしても、寄付しているのだからいいものよこせというよりは、このように自治体にとっても合理的なビジネスになっているということが分かるとうれしくなりますし、これこそまさしく、ふるさと納税の本来の意味が出ているのではないかと思われます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう