ふるさと納税で人気の高いお酒(日本酒)の紹介

ふるさと納税で人気の高いお酒(日本酒)の紹介いたします。
ここでは人気の日本酒がもらえる自治体をご紹介いたします。

-AD-

日本酒の種類とランクについての豆知識

ふるさと納税の返礼品の中で多いのがお酒(日本酒)です。お酒のランクと種類を知っておけば、寄付を行う自治体を選ぶのに役立ちます。
日本酒のランクは原料である米の精米歩合によって決まります。精米歩合が低いほど高級になります。日本酒をランクの低いものから順に並べると、本醸造(精米歩合:70%以下)、吟醸(60%以下)、大吟醸(50%以下)となります。日本酒には醸造アルコールを添加しているものと、添加していないものがあります。アルコール添加をしていない方が高価で、この場合は「純米吟醸」など頭に“純米”が付きます。純米大吟醸で、精米割合が低いお酒が最高級となります。
ちなみに純米大吟醸酒(1.8L)の値段の相場は6千円以上です。純米吟醸酒(1.8L)であれば4千円前後で販売されています。720ml入りであれば一升瓶の半額程度となります。

ふるさと納税で人気のある日本酒の紹介

ふるさと納税で日本酒が貰える自治体は日本各地に多数存在しますが、特におすすめのお酒を紹介します。
一番のおすすめは岩手県二戸市に1万円以上寄付をしてもらえる「二戸地酒セット[南部美人]」で、二戸産の特別栽培米である「ぎんおとめ」を主原料としたアルコール無添加の日本酒と、砂糖を一切使わずに麹・水・梅だけでできた梅酒(各720ml)の2本セットです。
広島県三原市の「横山大観が愛した蔵の特撰『醉心純米吟醸』セット」(720ml×2)もおすすめです。1万円の寄付で精米歩合50%以下、アルコール添加無しの純米吟醸酒です。
宮城県大崎市では5千円の寄付で「一ノ蔵 ササニシキ 純米大吟醸」(720ml)が貰えます。これは非常に人気が高く、品切れになる場合があるので早めに申込をする必要があります。

生酒が貰える自治体の紹介

日本酒は醸造して絞った後に、菌を殺すために加熱処理が施されます。加熱処理によって長期保存が可能になりますが、日本酒が持つフルーティーな味わいが失われてしまいます。生酒とは加熱処理を一切行わず、フルーティーな香り高いお酒なのです。生酒は長期保存ができないので、地元でしか味わうことができません。
ふるさと納税で生酒が貰える自治体があります。
生酒で一番のおすすめは長崎県佐世保市の「出来たて新酒と西海の珍味セット」です。1万円の寄付で生酒の一升瓶2本とおつまみが貰えるのです。加熱処理を行っていない生酒(1.8L、原酒・にごり酒)を各1本と、アコヤ貝貝柱の粕漬け(110g)がセットに含まれます。生酒には炭酸が含まれていて、スパークリングワインのような味わいが楽しめます。

ふるさと納税で人気のある日本酒の紹介

ふるさと納税で日本酒が貰える自治体は日本各地に多数存在しますが、特におすすめのお酒を紹介します。
一番のおすすめは岩手県二戸市に1万円以上寄付をしてもらえる「二戸地酒セット[南部美人]」で、二戸産の特別栽培米である「ぎんおとめ」を主原料としたアルコール無添加の日本酒と、砂糖を一切使わずに麹・水・梅だけでできた梅酒(各720ml)の2本セットです。
広島県三原市の「横山大観が愛した蔵の特撰『醉心純米吟醸』セット」(720ml×2)もおすすめです。1万円の寄付で精米歩合50%以下、アルコール添加無しの純米吟醸酒です。
宮城県大崎市では5千円の寄付で「一ノ蔵 ササニシキ 純米大吟醸」(720ml)が貰えます。これは非常に人気が高く、品切れになる場合があるので早めに申込をする必要があります。

生酒が貰える自治体の紹介

日本酒は醸造して絞った後に、菌を殺すために加熱処理が施されます。加熱処理によって長期保存が可能になりますが、日本酒が持つフルーティーな味わいが失われてしまいます。生酒とは加熱処理を一切行わず、フルーティーな香り高いお酒なのです。生酒は長期保存ができないので、地元でしか味わうことができません。
ふるさと納税で生酒が貰える自治体があります。
生酒で一番のおすすめは長崎県佐世保市の「出来たて新酒と西海の珍味セット」です。1万円の寄付で生酒の一升瓶2本とおつまみが貰えるのです。加熱処理を行っていない生酒(1.8L、原酒・にごり酒)を各1本と、アコヤ貝貝柱の粕漬け(110g)がセットに含まれます。生酒には炭酸が含まれていて、スパークリングワインのような味わいが楽しめます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう