ふるさと納税はご当地の人気特産物などがもらえるお礼の品も大きな楽しみ

2008年からスタートした住民税の仕組みの一つであるふるさと納税。好きなところに、好きな使い道で寄付ができる点や税制上のメリットの他に、ご当地の人気のある特産物などがお礼にもらえることも、多くに人を惹きつけている理由です。

-AD-

お礼の品の代表格である食物

ふるさと納税のお礼の品で特に人気なのは、ご当地の特産物、食べ物です。お肉やお米はその中でも人気が集中する目玉にしている地域も多いです。寄付をする金額によってもらえるお礼の品も豪華になるので、より人気のある特産物を前面に押し出し、たくさんのふるさと納税をしてもらう、という図式が暫く続きました。
高価過ぎるとして問題になることもありますが、寄付をする側としてはより魅力のあるお礼をもらえるところにたくさん寄付したいという気持ちになるのは自然な発想です。お肉、お米、エビやカニ、お菓子、くだもの、野菜など普段は自分で買わないようなちょっと贅沢な品が人気です。
地域の努力やアイデア次第でたくさん寄付をいただいて使い道も選んでもらえるので、自治体としてもやり甲斐があります。

ご当地独自の工芸品も高評価

様々な工芸品もお礼の品として多いです。彫り物や塗り物、焼き物など、その土地土地で古くから伝わる工芸品は、やはり魅力的です。お礼の品を通じてその地域への理解を深めるきっかけにもなります。思いもよらない発見があったり、知らなかった地域へ目を向け、訪れてみたいと思いをはせることだってあります。
驚くような品も多いです。純金のブローチや、ミニチュアのお神輿など、ぱっと目を引く品もたくさんあります。真珠や兜、仏壇といった変わり種も多く、ウェブサイトなどで見ていて飽きることがありません。べっ甲の時計やギターまであります。普段馴染みのないような品を思い切ってもらえるのも、ふるさと納税の魅力です。全く想像もしていなかったようなものリストから見つけ、寄付をする自治体を決めるということも珍しくありません。

その他にも数え切れないほどの返礼品

ふるさと納税のお礼の品は、食物や工芸品ばかりではありません。近年人気が高いのが、旅行などのお礼の品です。ホテルの宿泊券や温泉の利用、施設を利用するための権利などもたくさんあります。形として残るものではないですが、その土地を楽しみ、思い出ができることでその地域への思い入れが強くなることもしばしばです。ふるさと納税は何度でもできるので、同じ自治体に一年に何度も寄付をすることも可能です。
どうしてもご当地グルメやご当地の工芸品などの中からこれというものを決められない人には、カタログギフトと言う手段もあります。カタログギフトであればその中から好きなものを選ぶことができるので、お手軽で便利です。地域の使い道に賛同して寄付をし、お礼の品は後でゆっくり考えたいと言う人にも向いています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう