ふるさと納税の返礼品で普段食べられない珍しいご当地カレーをもらおう

ふるさと納税でもらえるご当地カレーには、ビーフやポークといった定番の味から、ジビエなどの変わり種ものあります。レトルトや缶詰なので保存期間が長く、みんなで楽しめます。

-AD-

みんな大好きなカレー

日本でカレーが登場したのは、文明開化が行われた明治時代です。イギリスから伝わって、今では国民食として子供から大人まで広く愛されています。ふるさと納税でも様々な地域でご当地カレーを返礼品として扱っていて、レトルトや缶詰としてもらえます。
生ものだと保存期間が短いのでもらうタイミングを選ばなければいけませんが、レトルトや缶詰なら長期間保存できるので安心です。
ご飯にかけるだけで食べられるので、忙しくて料理を作ることができない時のアイテムとして取っておいてもいいでしょう。ビーフやポーク、野菜や魚介といった種類に加えて、ジビエ素材を使ったユニークな種類もあります。食べたことがない味に挑戦してみるのも、新鮮さがあって面白いでしょう。子供も喜びそうです。

定番のビーフとポーク

ふるさと納税でもらえるご当地カレーで、定番のビーフとポークがもらえる自治体には次のようなところがあります。
ビーフは佐賀県唐津市で、唐津くんち曳山イラスト入りの醤油セットと、佐賀県産の和牛を使用したもの、黒毛和牛が入ったものなどがもらえます。千葉県我孫子市では、白樺派の文人たちが愛した味噌入りカレーがもらえます。
ポークの方は、山口県柳井市でトンカツ屋さんが作ったフルーティなオニオン仕立てのもの、福岡県大刀洗町では牛タンと豚角煮などが入ったものがもらえます。
どれもレトルトで温めるだけで食べられるので楽チンです。パッケージもその自治体独自の雰囲気が感じられるようにデザインされているので、パッケージを見ながら自治体をイメージして味わうのも楽しいでしょう。

変わり種を試してみるのも楽しいかも

ふるさと納税でご当地ならではの味が楽しみたいなら、ちょっと変わった変わり種のご当地カレーに挑戦してみるのもありです。
ともて変わった肉を使ったところだと、千葉県袖ケ浦市ではダチョウの肉を使ったものが返礼品になっています。シチューもセットでついてきてお得です。ダチョウ肉はヘルシーなので、ダイエット中の人にもいいかもしれません。
佐賀県唐津市では、イノシシの肉を使ったぼたんカレーが提供されています。天然のイノシシ肉が使われており、一度食べたらやみつきになる人もいるようです。
いろんな味を一度に楽しみたいなら、山口県柳井市では、ふぐ・クジラ・自然薯などそれぞれの味が楽しめる6種類のセットがあります。
ふるさと納税で納税の義務を果たしつつ、面白い味をゲットしてみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう