ふるさと納税をして静岡の郷土料理を味わうのなら、焼津がおすすめ

今はふるさと納税をして、日本全国各地の食べ物を手に入れることができるようになっています。特に静岡県でも焼津市では郷土料理を味わうことができる返礼品の数々があります。

-AD-

静岡の焼津でふるさと納税をする

全国的にも返礼品の種類の多さで有名な場所というのが、静岡県の焼津市です。焼津市では、魚類や菓子、お茶など、いろいろなジャンルの食品や焼津シャツなどの商品をふるさと納税の返礼品として出しているのです。ですから、自分のほしいものを選ぶことができて、生活に生かすことができるのです。
焼津市外に住んでいる人であれば申し込むことができますし、自分が欲しいと思うものを見つけることができるようになることでしょう。特に焼津港というのはかつおの水揚げが多いことで知られていて、かつおやかつおの加工品なども数多くあります。ですから、魚が好きな人には焼津の名産品は最適なのです。そういった名産品を使って、郷土料理を作ってみてもこの土地の味覚を楽しむことができるようになるのです。

焼津といったら、美味しい魚類が有名

焼津というと、焼津港があって水産加工の業者が数多く存在します。特にかつおやその加工品の商品が出回っているのです。かつおぶしだけでなく、さばなどの加工品、特に有名なのが、黒はんぺんになります。練り物としては、黒はんぺんやなると、角あげなどを扱う店舗も数多くあります。これを使った郷土料理というのは魚が好きな人では美味しく食べることができるでしょう。さらにかつおのへそといった部位は、この地域特有のものであり、珍味ともいえます。静岡でも焼津おでんに入れることも多いのです。
このように、美味しいお魚や加工品などが出回っている焼津市ではきっと満足のできる食品を手に入れることができるようになっているのです。ふるさと納税で美味しいものを食べてみるというのもいいでしょう。

郷土料理だったら、静岡おでんがおすすめ

静岡おでんといったら、黒はんぺんが入っていて、だし汁がしょうゆベースで黒っぽい色をしていることで知られています。だしはかつおぶしかさば節などを使っているのですが、色は濃いわりにさっぱりとした味わいであるのが特徴です。
また、おでんには味噌だれや削り粉、青のりなどを使っているので、他の地域のおでんとは違った印象になります。黒はんぺんやなると、角あげなどはおでん種には最適ですが、それ以外の用途にも使うことができます。
焼津の美味しい魚類を使った加工品が入った郷土料理であるおでんはとても美味しく食べることができることでしょう。遠く離れた土地に住んでいるとしても、ふるさと納税の返礼品として手に入れることができるので、インターネットなどで調べてみるといいでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう