北海道増毛町の郷土料理「松前漬け」はふるさと納税の返礼品でも大人気。

北海道の郷土料理でもある「松前漬け」は、増毛町のふるさと納税の返礼品としても人気の品となっています。松前漬けはどんな料理なのか、増毛町の特徴や特産品と合わせて紹介します。

-AD-

郷土料理の松前漬けとは

北海道は自然豊かな地域であることから山の幸・海の幸共に恵まれており、地域によってそれぞれの特産物を活かした郷土料理が古くから伝えられています。
その中でも昭和初期から全国的に知られるようになったものに、「松前漬け」という郷土料理があります。松前漬けの名前の由来は、江戸時代に北海道の最南端でもある渡島半島に所在した松前藩が由来とされています。松前藩がある松前地域は漁業が盛んでニシンの卵でもある数の子が特産だったため、豊富にとれる数の子とスルメ・昆布を合わせて塩漬けにし保存・保管しやすくしたものが最初とされています。その後は数の子の漁獲量が減っていくにつれ昆布の使用量が増えたり、味付けも万人の好みに合わせて塩から醤油に変化したりと形を変えながらも現在でも引き継がれている郷土料理です。

増毛町の特徴と特産品

増毛町は北海道の北西部に位置し、日本海側に面していることから漁業が盛んで海の幸が豊富に味わえる地域となっています。他にも山側では農業も盛んでいちごやりんご、さくらんぼなどの果物も特産品ですし、日本最北の酒蔵でもある「国稀酒造」では地酒が製造されており、観光客が多く訪れる名所ともなっています。
海産物では甘えびが一年中水揚げされますし、ホタテやたこ・いか・ウニなど豊富な種類の海の幸が水揚げされています。他にも古くからニシンの漁で栄えた歴史から、ニシンの加工も盛んに行われています。そのためニシンの卵でもある数の子も特産品の一つになっています。また海産物の加工が盛んで、たこをやわらかく煮て加工したものや鮭トバ、いくらの醤油漬けなども特産品として人気の商品となっています。

増毛町のふるさと納税の返礼品

増毛町にふるさと納税をすると、寄付の金額に応じてお礼の品を受け取ることができます。そんなふるさと納税の返礼品の中でも特に人気になっているのが「海鮮漬」です。
この「海鮮漬」は北海道の郷土料理の「松前漬け」をアレンジし、増毛町の海産物を合わせたオリジナルの商品です。
海鮮漬の特徴は、松前漬けの上に乗せられた七種類の海の幸です。醤油漬けのいくら・ホタテ・ほっき貝・ひらめ・ズワイガニ・たこやわらか煮・数の子の七種類が乗っているので、そのまま味わうことはもちろん、ご飯に乗せれば海鮮丼としても楽しむことができます。
また一食分ずつ小分けにされているので、必要に応じた量を食べることができるのも人気の理由となっています。
ふるさと納税の返礼品では、増毛町の豊かな海の幸を自宅に居ながら味わうことができます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう