ふるさと納税のお礼で選択できる山梨県富士吉田市の郷土料理・吉田のうどん

山梨県富士吉田市を代表する郷土料理には吉田のうどんが存在します。ふるさと納税のお礼の品物として吉田のうどんの生麺のギフトセットやカップ麺などを貰うことも可能で、コシが強い食感のあるうどんで贈答でも喜ばれています。

-AD-

富士吉田市で吉田のうどんが盛んな理由

山梨県を代表とする郷土料理の一つに吉田のうどんが存在し、東南に位置する富士吉田市で盛んに食されています。その理由はかつてより標高が700~900mの寒冷地であり、また山岳地帯に存在する地形で農業にも不向きの地形であるため、雑穀栽培しか適しないという事情があるからです。
そのため富士裾野の傾斜地に水が流れるのを利用して水掛麦が栽培され、その採れた麦を使ってうどんが流行しています。また市内の結婚式などのめでたい日にはうどんが振る舞われた慣習も残っており、市内の多くの人にも愛されています。
また市内でも観光食として、うどんを食することができる店舗も60軒ほど存在し、現在では富士吉田市のふるさと納税でも吉田のうどんも登場しているほどです。吉田のうどんは観光客にも人気の郷土料理の一つになってます。

吉田のうどんの特徴とは

山梨県は県全体で古来より洪水が頻繁に起こり、山岳地帯である地形の特徴から稲作には適しない状況であり、富士吉田市でも稲作に適しないスポットでした。そのため水掛麦の栽培が盛んに行われ、その麦を使ったうどんが食されています。
地元の郷土料理の吉田のうどんは、郷土料理100選にも選ばれているほどで全国的な知名度も存在します。麺の特徴が硬くて非常にコシが強いことで、手打ちでコシを持たせており、それを茹でて煮干しやシイタケの出汁に浸けて食べるというつけ麺で食されることも多いです。
薬味にすりだねを入れることが多いのも特徴的で、独特のうどんの食べ方として富士吉田市ならではとなります。ふるさと納税でも吉田のうどんを手打ちした生麺をそのままお礼の品物としたり、カップ麺としても登場しており多くの方にも喜ばれる人気のうどんを貰うことができます。

ふるさと納税の吉田のうどんの貰い方

山梨県を代表とする吉田のうどんですが、名前の通り富士吉田市のふるさと納税のお礼の品としても登場しています。ふるさと納税のお礼として吉田のうどんを貰う上では、5,000円以上から納税を行うことが可能ですが、1万円以上の納税を行うと吉田のうどんのギフトセットなどを選択することができます。
ギフトセットの他に吉田のうどんのカップ麺も登場しており、それはお湯を注いで手軽に食べることもでき、12個入りの食べごたえも満点です。年に何度でもふるさと納税を行い貰うこともでき、申し込みして入金確認後に順次、一ヶ月以内を目途に発送する仕組みになっています。
山梨県全体の郷土料理にも該当しますが、吉田のうどんは富士吉田市しか見られない独特の郷土料理となっているため、富士吉田市に納税を行うしか味わうことができないお礼の品物となっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう